ishiij's blog

a day of ishii masayuki

同時進行でゆっくり複数の書籍を読みふける

読書が好き。 最近は、資格取得の勉強にも興味が出てきました。 仕事と家庭生活の隙間時間に、ちょこっとずつ読み進めています。 まとまった時間をつくって、いっきに読了する、という生活は不可能になってますから。 そういうときに、先日、紹介した勉強ア…

資格取得そのものを仕事にしている人

資格マニアと自称している鈴木秀明さん、という人を初めて知りました。 資格を取得することは、どれくらい意味があり、また、意味がないのか。考えるために検索していたら発見。 shikakuroad.jp 年間、約50の資格取得すること目標に活動して、いまは500を超…

学習アプリを使って勉強時間の管理

勉強したいことが増えてきました。 ひとつの資格の取得のためには、最低、これだけの時間をかけて勉強するとよい、という投入時間があります。その時間の管理をする必要がでてきます。記録をとっていないと、すこし勉強しただけなのに、十分な時間を勉強に費…

子守の隙間時間で勉強

子守をする隙間時間で、勉強してます。 前から気になっていた、アマチュア無線3級。 いつの間にか、講習でも取得できる手軽な資格になってました。 問題集を眺めて、昔の電気工学、無線工学の基礎を思い出したり、知識の補強をしています。 技術的な基本はま…

子どもとの会話

夜、子どもを寝かしつけるときに、いちばん話をしている、と思います。 とくに娘は、饒舌。 どんな夢をもっている? と質問。 私は、将来自分がなりたい夢、という意味で質問したんですが、娘は寝ているときにみる夢、と解釈。私の言葉不足でしたが。 これま…

格安航空会社が、障害のある人に差別的な対応をした事件(障害者差別禁止法の意義)

車椅子ユーザーの搭乗拒否というニュースをみて、もっと知りたくなってきたので、グーグル検索。事件の当事者ご本人が情報を発信していました。 バニラ航空、奄美路線での搭乗拒否「階段昇降のできない人は乗れません」 短いニュース枠では、事件の全体像が…

書籍は Honya clubで

本サイトでは、アマゾンリンクをしていますが、個人的には、書籍は Honya club で買うようにしてます。 www.honyaclub.com amazonは、レアなモノを買うときだけに活用。 家電は、地元の家電屋で。 専門的なモノは、専門店で。 Amazonは便利なんですが、最近…

アマチュア無線 3級 に興味

アマチュア無線 3級の取得に興味が出てきたので、とりあえず、問題集を一冊購入。4級は中学生のときに取得済。もういちど、勉強したい、という変な欲がでてきたので。 ざっとみたところ、資格のための用語と、資格のための無線知識を、択一試験で回答した…

evernoteをもっと使ってみます

情報の管理と活用に、evernote もっと使ってみます。 この記事を読んで、ふむふむ、と納得したため。 blog.evernote.com この数年間、情報のほとんどはクラウドにアップしています。ただ、漫然とクラウドを使っていた、という気がしますね。pocketというアプ…

ユニークフェイス問題について優れたブログ記事(はてな)

ユニークフェイス問題について、優れた考察だと思って読みました。 tunenao.hatenablog.com ひとつ重要な視点を書き加えておきますと、極めて人手不足の世界だということです。 ほかのマイノリティ運動と比較すると、 カミングアウトする人が極めて少ない 支…

友人が「親に虐待された100人の手紙本」の出版を計画している

私の友人、今一生さんが「親に虐待された100人の手紙本」の出版を計画している。 微力ではありますが、宣伝協力です。 conisshow.hatenablog.com

絵本を朗読する

娘が私のために絵本を朗読するようになってきた。これまでは妻か私が子どもたちに朗読してきたけど、娘から朗読する流れに。成長したなー。 娘が選んだのは、「くらやみ こわいよ」。しぶい選書ですな。 くらやみ こわいよ 作者: レモニースニケット,ジョン…

国会議員にも心の病気の人がいる

週刊新潮のスクープ記事。ネットで確認して、この人は心の病気だと思いました。揶揄するのは簡単ですが、とりあえず、病院に行くべき。週刊誌の発売日に、自民党を離党、すぐに入院したようです。決断力が残っていたようでよかった。 国会議員にも、一定数の…

「東京ヴァンパイアホテル」園子温

アマゾンで放送されている「東京ヴァンパイアホテル」(園子温監督)。2話まで視聴。いきなり血まみれのシーン。堪能しました。息抜きに全話、見ることにします。三河の産んだスーパー映画監督。 吸血鬼ものでよかった映画は、ケイトベッキンセールの「アン…

納涼まつり・夜店(豊橋)

6月の週末は、豊橋の恒例「夜店」。家族で行ってきました。 おもちゃ、ケバブ、イカ焼き、たこ焼き、キュウリの一本漬け、お化け屋敷、などを楽しみました。平和な休日。

大須観音で、味噌煮込みうどん

小用で名古屋の大須観音に。若いときに、通っていた、味噌煮込みうどん屋を探したところ、ありました。約20年ぶりの味。懐かしい味でした。 大須は、すっかり外国人観光客の人気スポットになっており、おしゃれの街に変貌していました。 osu.co.jp 味噌煮込…

apple に近づく

個人パソコンとしてずっとWindowsを使ってきました。 そろそろappleを選択肢にしようと思ってます。 情報のほとんどはクラウドにしていますから、OSが変化しても、おおきな影響はないはず。 とりあえず、Windowsからmacへの移行について書かれた書籍を買って…

子どもの悩みと、それを言葉にする、ということ

子どもを寝かしつけるときに、いちばん、子どもと話している、と思う。 最近、善いことあった? 教えて。 最近、嫌なことあった? 教えて。 と、問いかけるだけ。 息子は息子なりに。娘は娘なりに答えてくれる。 子どもという時期は、生きているだけで楽しい…

共謀罪の強行採決の日

共謀罪の強行採決の日。歴史に残る日になりました。 海外メディアのニュースのひとつをリンクしておきます。 www.theguardian.com 多くのひとにとって、あまり関心がない法律が強行採決された、ということになるのでしょう。 友人・知人にジャーナリストが多…

メモ 『40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術 』(藤井誠二 名越康文)

断捨離で手放そうとしている書籍。再読したら、やはり良書でした。 『心の荷物を手放す』(藤井誠二 名越康文) 気になる箇所のメモ。 「心」と「精神」の違いについて。 名越氏は、自分だけの定義として、この二つを別にして考えている、という。 「心」は…

障害学研究など

我が家は、何度か目の断捨離を断行中になっております。そういうなかで、捨てられない書籍が、かなり出てきました。 その一つが障害学研究。学術書の一種。数年前に、エッセイの選考委員をやっていたので、いくつか自宅に送られてきたんですね。読み始めると…

人は、死、という離陸を待っている存在である 『離陸』絲山秋子著 

絲山秋子さんの著作は、前から気になっていました。良書が多いということだけでなく、ご本人が心の病気をきっかけに会社員を辞めて、執筆活動に入ったこと。芥川賞を受賞してからも、その病気を隠すことなく仕事を続けていること。面白い人だな、立派な人だ…

一太郎2017

長文の原稿を書くために一太郎2017を購入。原稿入力には、テキストエディタ秀丸を愛用してきましたが、もうすこし贅沢をするここにしました。pomeraも使っていますから、pomeraと一太郎の組み合わせで文字入力が基本になります。 もう一太郎の時代じゃな…

結婚して9年経ちました

先日、結婚記念日でした。これで結婚して丸9年。個人的には、前人未踏の記録を更新し続けています。家族についてのノンフィクションや心理学の書籍をたまに読むと、家族という人間関係は、もろい、強い、など諸説があることがわかります。私としては、人間…

小学校の運動会

子どもたちが通う小学校で運動会がありました。前夜までの土砂降りが嘘のように快晴。子どもたちの健やかな成長を確認するよい1日でした。ざっとみたところ、父兄の1割は外国人。多文化共生の教育現場になっていますね。

GW 大道芸

豊橋駅周辺で大道芸のイベント。子どもたちは真剣に見入ってくれました。昔はなかったイベント。豊橋の町おこし関係者の努力のたまもの。ありがたい。

GW日常

ゴールデンウィーク。子どもたちを連れて、家族で奥三河の公園に外出。 屋外で走り回る子どもたちをおいかけて、弁当を食べた。こういう時間は久しぶり。 豊橋にもどって、故障したプリンタの買い換えのために家電量販店へ。 10年ぶりのプリンタ購入。モノ…

「ルポ 希望の人びと」(生井久美子著)で、メメントモリ

著者の生井さんからご恵送いただきました。認知症当事者を取材したルポルタージュ。丁寧に当事者の声を文字化されている。これで、認知症になっても、大丈夫,という心構えをすることができるかもしれない。超高齢社会は認知症大国ということなので、明日は…

福島第1原発事故の続報のためのクラウドファインディング

友人の烏賀陽弘道さんが、福島第1原発事故の続報のためのクラウドファインディングをやっています。関心のある人は、是非、ご協力をお願いします。 福島第一原発 メルトダウンまでの50年――事故調査委員会も報道も素通りした未解明問題 作者: 烏賀陽弘道 出版…

「ジロジロ見ないで」から「顔ニモマケズ」へ 

話題の書籍「顔ニモマケズ」を読み始めました。 読みながら思い出したのが、「ジロジロ見ないで」という写真文で構成された書籍。 ・9人の取材協力者という共通点 どちらの書籍も、ユニークフェイス当事者が9人。インタビューと、写真で構成されています。比…