ishiij's blog

a day of ishii masayuki

[]希望は戦争?










http://d.hatena.ne.jp/sugitasyunsuke/20070331/p1



http://d.hatena.ne.jp/sugitasyunsuke/20070528



フリーターの評論家、赤木智弘氏が



http://t-job.vis.ne.jp/



「希望は戦争」、という刺激的な論考を「論座」に書いた。図書館で取り寄せて読んだ。



読後感は、懐かしさ、だった。



私は、大学生のとき安部公房の「他人の顔」を読んで、似たような戦争待望の希望を知った。



原爆で顔面の半分がケロイドになった女性。いまでいう、ニート、ひきこもり状態にある、ユニークフェイス当事者。その女性は兄に言うのだ。「まだ、戦争は来ないね」と。



戦争になれば、外見の価値が下落する、そうなれば、人々はその中身だけが問われるようになるはずだ、という希望。戦争はこない、自分を愛する人は現れない、仕事はない、哀れみしかない、希望はないと知った彼女は海で入水自殺をする。死に向かう彼女を兄は泣きながら窓から見ている。



20年前の私は揺さぶられた。しかし、いまは共感はできない。人を殺さない、別の戦争方法がある、ということを知ったからである。



いま原爆が落ちたとする。その後遺症と闘う医療技術と、医療産業は進化し、肥大化した。医師などの専門家の一部は戦争を歓迎する。いつも戦争は医療産業にビジネスの機会を提供するからだ。



これに対してその差別と戦う社会的インフラは、英米と比較して日本はないに等しい。NPO法人ユニークフェイスだけでは無力。ほかの患者会は資金面、人材面で脆弱。



でも大丈夫。同志は日本中に点在している。明日から、大阪でカモフラージュメイクとエンゼルメイクの相互交流勉強会。



ドキュメンタリー映画「ユニークフェイス・ライフ」上映と、カモフラージュメイクのデモを実施する。



http://uniquefacelabo.txt-nifty.com/blog/2007/05/post_467e.html



http://uniquefacelabo.txt-nifty.com/blog/2007/05/post_2b20.html



先は長い。ユニークフェイス差別という人類の営みを変えるには時間がかかるぜ!





顔がたり―ユニークフェイスな人びとに流れる時間





顔がたり―ユニークフェイスな人びとに流れる時間













フリーターにとって「自由」とは何か





フリーターにとって「自由」とは何か