ishiij's blog

a day of ishii masayuki

[]勝谷誠彦さんのコラム最終回を見つけた。










最終回。きたるべき未来。



2006年12月26日



http://www.policejapan.com/contents/katsuya/20061226/index.html





「正しいと思うことを一生懸命やっても評価されない。支持されなければ、知事の激務を続ける使命感は薄くなる」





 勝谷氏の書いていることは「ウィキノミクス」でも指摘されたことである。





コスト削減には血眼になるのが日本企業の特徴です。日ならずして言葉の壁は取り払われ、ホワイトカラーの労働価格は国際基準になるでしょう。



 あなたの賃金は、ムンバイのオフィスでキーボードの前に座っているインド人と同じになるんです。いや、それならまだいい。あちらの方が優秀であれば、職を失うでしょう。



 ごく一握りの人たちだけが、そこから脱出して今の生活か、もしくはよりよい階層に入っていくことができる。



 そのためには「人にできない何か」を持っていなくてはならない。



 名前で仕事ができる「バイネーム」の精神を持っていなければならない。



 それは、資格や会社の名前というものでは決してありません。









ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ





ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ















偽装国家―日本を覆う利権談合共産主義 (扶桑社新書 3)





偽装国家―日本を覆う利権談合共産主義 (扶桑社新書 3)