読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ishiij's blog

a day of ishii masayuki

後藤健二さんの冥福をお祈りします

日記
20代は、戦場カメラマンになりたくて、石川文洋、ロバートキャパ、沢田教一などの書籍や写真集を読みふけっていたアルバイト青年でした。28歳のときに中東のレバノン取材を経験して、恐ろしすぎて俺には無理,と判断。かわりに、レバノンベイルートで、顔にアザのある幼児とその家族と出会って、ユニークフェイス問題の取材をやりなおすことに。私もいちおう戦場で人生を見つけた人間の一人かも。
20年前と同じ、中東は世界の火薬庫のまま。悲劇の温床のまま。戦争とは何かを取材するために多くのジャーナリストが、彼の地に入り、何十人も殺害されています。
ジャーナリスト後藤健二さんの冥福を祈ります。