ishiij's blog

a day of ishii masayuki

豊橋市議候補の長坂なおとさんを応援しています

友人の長坂なおとさんが、豊橋市議会議員選挙に立候補しています。

http://nagasakanaoto.blog.jp/

私、彼のことを応援しています。ざっと応援の理由を列挙します。

理由1 
若い。31歳。これから何十年も豊橋のために働くためには若さが必要です。街が変化することが実感できるまで何十年もかかりますから。

理由2
豊橋の長所短所をよく知っており、豊橋がよくなるためには、よそもの、わかもの、ぱかもの、という三要素が必要であることを日頃から公言し、実行のために動いてきた。

理由3
豊橋以外の人々に、豊橋への魅力を訴え、移住を促すために動いている。
人口減少時代においては、すみやすい都市への移住者の確保が、その街の生き残り戦略になります。そのことを長坂さんは熟知している。

理由4
知識人である。日本の街作りの先進事例を学び、そのリーダーと面識がある。当選すれば、日本中の町おこしリーダーたちが、豊橋にかけつけてさまざまなノウハウが集まり、人材交流が始まることは間違いありません。

理由5
校区中心の市議選という古い選挙習慣から、「全校区」「オール豊橋市民」を対象とした選挙活動をしている。これは当然のことなんですが、校区という古い選挙習慣で実際に票が動いたわけです。しかし、ネット情報が普及しているいま,校区という考え方は時代にそぐわないです。

理由6
ネットなどの情報ツールを駆使した選挙戦を展開している。市議候補には、ホームページをもっていない人もいます。不特定多数に政策を訴える必要性を感じていない、つまりは組織票をもとにした候補者がまだいます。このような候補者は、オール豊橋市民のために動くとは考えにくいです。

理由7
既成政党に所属しない、無所属のチャレンジャーであること。国政ではないのですから、市政は市民のために、という考え方を評価しています。

長坂なおとさんを、よろしくお願いいたします。

とくに、豊橋に外から移住した,豊橋ニューカマー、の人達に、投票をお願いしたいです。
豊橋は保守的な街です。生まれも育ちも豊橋、という人達が中心で政治が動いています。これまではそれでよかった。しかし、人口減少時代では、よそもの、わかもの、ばかもの、が住みたい、と思える街作りが必要。とくに「よそもの」「わかもの」はたくさん住んで欲しいです。
私は「よそもの」のひとりであり、よそものの視点があれば、豊橋はもっと発展する、と確信して、日々、暮らしています。