ishiiblog

ユニークフェイス・イシイマサユキの雑記帳

「ノストラダムスの大予言」というベストセラーを書いた作家がまだ存命であるということ

五島勉先生がまだ生きていることに、驚きました。88歳。

bunshun.jp

出版業界の栄枯盛衰をみてきた、妖怪のような人です。風貌もそうなってますが。

この人の書いた「ノストラダムスの大予言」を小学生のときに読んで、世界は1999年に滅びる、と思い込み、関連して月刊誌「ムー」(学研)の愛読者になりました。

後に、まっとうな書籍をたくさん読み、フリーライターになってからは、「大予言」はひとりのライターの仕事だったのだな、と分かるのですが、子どもだったときは、すっかりはまってしまいました。

拙著「顔面漂流記」は、1999年7月までに刊行する、と決めたのは、この人の大予言におおきな影響を受けていたからです。

長く生きると、こうして真相が分かる。ありがたいことです。

ただし、個人の死や世界の破滅をイメージして生きるべし、というメッセージは、理解できたと思ってます。

戦争をみたり、体験した人たちが、昭和の出版界をつくってきたわけですから、死や破滅は、身近な題材だったのでしょう。