自分の顔をつくろうblog

ユニークフェイス・イシイマサユキの雑記帳

中学生のユニークフェイス当事者に向けて書いてみる

ユニークフェイスについて最近,考えていること。
中学生のユニークフェイス当事者に向けて、

雑文を書いていく。
その大切さである。
中学生くらいになると、
一冊の小説を読むくらいの読解力が身についているはず。
そして、思春期の始まりで、自分とはなんぞや、

ということを考え始める年頃。
性的にも成長して、モテルモテナイ、顔がどうのこうの、性器の大小、などを考え始める年頃。
個人差はあるけど、中学3年間というのは、そういうことを考え始める時期。
そういうときに、ユニークフェイス当事者であること。
深刻に悩むはず。
そういう若者たちに、なんとかなるぞ、という言葉を書いていく。
その大切さ。
中学生というと、おれ自身もよく覚えているけど、
大人の本音と建前の違いに気がついて、ムカつく。
社会人になると、本音と建前の違いがあるから、社会が回っている、と気づくわけだけど 中学生は気づかない。
若いからね。
それは、しょーがない。
深刻な病状のユニークフェイスだと、

理解とか共感できる友人は,まずいないだろう。
周りは中学生のガキだからさ。
綺麗事じゃねーんだよ。
ユニークフェイスで生きるってことは。
中学生ガンバレよ。
おまえはひとりではない。
世界は広い。
 
あと数年したら、おれの子どもたちも、中学生になる。
なので、中学生むけに何かを書く、ということは、
おれ的にも大事なことになるだろう、とは思っている。

 

人はあなたの顔をどう見ているか (ちくまプリマー新書)

人はあなたの顔をどう見ているか (ちくまプリマー新書)

 

 

 

ishiimasa.hateblo.jp