ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

書店周り










「自分の顔が許せない!」の販促のために、池袋、新宿、渋谷の主要書店をまわる。



どの書店でも、新書売り場のいちばん目立つ場所に平積みされていたので書店員に感謝しながら、「中村うさぎさんのファンは文庫棚を見ていると思う。この読者層と、新書の読者層をつなげるようなことをしていただければと思うんです」(要するに、中村うさぎ氏の文庫コーナーのなかに、「自分の顔が許せない!」を並べて欲しいということですね)とかなり無茶なことをお願いする。こういう無茶なことを言うと、書店の人と世間話ができるので嬉しい。



「新書の刊行ラッシュが続いていますが、みての通りそろそろ棚も飽和してます。版元としては在庫を切っていくしかない時期でしょうね。良書でも売れない在庫は切られますね」とか「石井さん、いま注目されている新書の版元はどこですか? 営業的にはよく回転しているのは集英社新書なんですよね」とかいろいろ教えて頂ける。「上司は思いつきでものを言う」(橋本治)は大ヒットしているようだ。それから、講談社現代新書が今秋から表紙イラストを廃止して、他社の新書のような統一デザインに刷新するという。これもまた、コスト削減をする動きのひとつのようだ。講談社現代新書のよき部分がなくなるのは寂しい。



 平凡社の担当者と、いかに出版界が絶望的状況にあるのかをえんえんと語りあいながらランチ。絶望的だ、と話すと妙に元気が出てくる。