ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

セックスボランティア










河合香織著「セックスボランティア」を読了。ずっと積ん読だったのである。



これがこの1ヶ月ほどアマゾンで30位以内に付けているノンフィクションだ。タイトルがよい。内容もデビュー作としては秀逸。そして障害者の性がこうやって注目されるようになったのだなぁと感慨を覚える。先駆的な仕事はいくつかあるが、みなマイナーであったり研究書であったりした。最近になって、障害者自身による(男性当事者の書き手が多いのだけど)性についての体験記が刊行されてきたので、機は熟していたのかも。「セックスボランティア」が一般読者を巻き込む力をもっていたということだろう。



マンガにするとよいと思うがどうだろうか。新潮社は、コミックバンチで、「セックスボランティア」を漫画化すべきだと思う。