ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

家族を路頭に迷わせるわけにはいかない?










昨日、NHKへの圧力について知りたいことがあったので、午後、参議院会館での記者会見に顔を出す。知った顔、人が、報道への権力の介入に抗議し、内部告発者を守ろうと訴えていた。が、この内部告発者が、家族を路頭に迷わせるわけにはいかなかった、という主旨の発言をしていることがどうにも解せない。そんなことで萎縮するなよ、と思っていたので、それに対して有識者(へんな言い方だが)はどう思っていたのか、と興味があったのである。たいした論点にはならなかった。「家族を路頭に迷わせるわけにはいかない」という言葉を金科玉条のごとく信奉しているかぎり、政治家からの圧力に負けるのは必然。内部告発者へのエールはまだ出したくないのはこのためである。フリーランスのことを少しは考えるべき。問題の番組をつくった制作会社の女性は、4年前に退社して、フリーランスとしていい仕事をしている。



大手テレビの人にはできないのだろうか。理解に苦しむ。定職を失うことに怯える人間が大勢いるというメディアの構造が。