ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

データのようなもの










昨日、サイボーグ(機械と人間の関係というか、人造人間というか、健康と障害と疾患がからみあっている状況)について考えるために立岩真也さんの講演会に参加する。



「ALS 不動の身体と息する機械」(医学書院)を書いた手法について直接聞くことができて収穫。立岩さんのホームページは、彼の仕事のメモと、障害者運動関係者の手記で埋め尽くされているが、その蓄積を本にしたという。



「当事者の本を読んで、それに付箋をつけ、該当箇所を入力して、ネットにアップして、原稿をつくる」



数年かかるような資料収集とか、他者の協力が必要な場合は有効な手法であると思ったので、早速真似することに。コツコツと顔面関係の書籍のキーワードをアップしてみようと思う。