ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

2006年とは何だったのか?










●30代の経験則が通用しなくなった



 今年は41歳になったためだろうか。30代の生き方がだいたいご破算になった、ということを納得した1年だった。新しい方法論と思考法がないと先に進めない、ということだ。



今年もいろいろな人に助けられて1年が過ぎた。感謝である。



今年は1冊も著作を出さなかった、出せなかった。これが今の自分の実力だろうと思うが、同時に、いまは充電の時だとも思う。同じようなモノを出しても、出版不況の波にかき消されるだけだ。



 2006年は2005年よりも未知の分野に足を踏み入れたと思う。まだ「挑戦」という段階にはないが、一歩ずつ進化していると信じる。



●試練



 12月になって2人のフリーランスが試練の時を迎えている。



1人は竹熊健太郎さん。



http://takekuma.cocolog-nifty.com/



脳梗塞、そして開頭手術である。



もう1人は烏賀陽弘道さん。



http://ugaya.com/



オリコン訴訟の被告になってしまった。



 突然の病気と、言論弾圧という、フリーランスのモノカキには痛い経験だ。これが身近で起きた。他人事ではない。



 オリコン裁判について。何度も書くがオリコン敗訴は確実。どのようにオリコンが負けるか、その負け方を見届けたい。



 ブログ全盛時代の名誉毀損裁判である。この裁判を見ることで、21世紀型の名誉毀損裁判の行方が見えてくるかもしれない。



患者学会



 2007年は懸案だった「患者学会」を具体化させていきたい。有志と動きはじめる。いろいろなことが起きると思う。いまから楽しみだ。