ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

[]藤井誠二の新刊










今日の読書



畏友、藤井誠二さんの新刊。



http://ameblo.jp/fujii-seiji/



犯罪被害者という当事者に伴走するノンフィクションライターである。希少である。



世間というやつは「行儀のよい当事者」を歓迎する。しかし、当事者はそのような存在ではない、ということは当事者になったひと、当事者に接近した人はみな知っている。常識。



犯罪被害者当事者は、藤井誠二というライターを得た。それは不幸中の幸いだった。





殺された側の論理 -犯罪被害者遺族が望む「罰」と「権利」





殺された側の論理 -犯罪被害者遺族が望む「罰」と「権利」