ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

[]高杉良氏のモデル小説「乱気流」、名誉棄損で損害賠償












 作家・高杉良さん(68)の小説「乱気流 小説・巨大経済新聞」の登場人物のモデルにされ、名誉を傷つけられたとして、日本経済新聞社の鶴田卓彦前社長(79)と元常務が、高杉さんと出版元の講談社を相手取り、出版差し止めや計約1億円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が11日、東京地裁であった。



 菅野雅之裁判長は、モデル小説による名誉棄損を認め、高杉さんと講談社に計約470万円の支払いを命じた。



 小説は2003年4月~04年10月に「週刊現代」に連載され、単行本化された。裏金作りのために子会社を作るなど、登場人物の新聞社社長らによる会社私物化が描かれている。



 判決はまず、モデル小説について、「読者が事実か虚構かを区別できないような場合は、小説の記述が実在の人物の名誉を傷付ける場合がある」と指摘。その上で、小説に描かれた社長の経歴が鶴田前社長とほぼ合致していることなどから、「登場人物が鶴田前社長らと特定できる読者は相当数存在する」とし、モデルとなった鶴田前社長らの社会的評価を低下させると結論づけた。



 出版差し止めについては、「モデル小説であり、事実を報道する新聞、雑誌に比べれば、社会的評価の低下の程度は小さい」などとして認めなかった。



 高杉良さんの話「一部名誉棄損とされたが、経済小説の本質は理解していただいたと受け止めている。これからも、自分の信念と創作に向かう姿勢はいささかも揺らがない」



(2007年4月11日20時42分 読売新聞)





 事件の概要はまだ分からないが、公人たる新聞社社長のスキャンダルの小説化が名誉毀損とは・・・。損害賠償金額も470万円。かなり高額である。