ishiimasa blog

ユニークフェイス石井政之の雑記帳

[]根拠ない豊胸効果、通販会社に3か月間の広告・契約停止










 こういうインチキ広告に引っかかる女性が大勢いるのである。身体コンプレックス問題の根は深い。「いつまでも胸がないと思うなよ」と思う女性がいる限り、この手のインチキ商売は、ずっとこれからも続く。騙された人間が、名乗り出ることがないからだ。ジャーナリズムもこういう小さな事件については警鐘をならしようがない。



会社のホームページ更新は停止されている↓



http://www.orgue.jp/





平成19年11月6日



お客様各位





株式会社オーグ



代表取締役社長 前原和夫





お客様へのご報告ならびにお詫び





弊社は、2007年10月10日に経済産業省より通知文(行政手続法に基づき不利益処分をしようとする場合に弁明の機会を付与するための通知文)を受け取り、弊社ホームページの一部に合理的根拠資料が欠けるため、弊社が販売した商品の「バストアップ効果」に合理的根拠が欠ける旨の指摘を受けました。



該当するホームページの記載は、次のとおりです。



1.雑誌から転載した「タレント対談」のうち、マッサージジェルの効果に関する部分はマッサージをせずにジェルのみを使用した場合の効果についての根拠資料が十分でなく、タブレットの効果に関する部分はタブレットが体内で吸収され代謝される過程の医学的な説明に不正確な部分がありました。



2.体験談24名分のうち10名分について、体験談の作成を委託した業者に実績データが保存されておりませんでした。



いずれも、外部の業者の作業内容を弊社が十分に確認することを怠り、弊社の商品の効果について合理的根拠を有しない結果を招くこととなりました。



弊社の商品「ナパイアブレスト」をご購入いただいたお客様の多くの方々には日頃からご満足いただき、ご好評とともに厚い信頼と安心をお寄せいただいておりました。そのようなお客様にとって、今回の事態は寝耳に水で、ずいぶんと驚かれ、またがっかりされたことと存じます。皆様に大変ご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。



弊社は、本通達を真摯に受け止め、反省の上、既に該当ページは削除いたしました。



今後は、より一層の法令遵守態勢確立に努め、全社一丸となって信頼回復に全力を傾けてまいる所存でございます。何卒、今後とも一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。



なお、ホームページはしばらくの間、閉鎖させて頂きます。



敬具







 根拠のない豊胸効果をうたって化粧品や健康食品を販売したとして、経済産業省は6日、通信販売会社「オーグ」(東京都渋谷区)に対し、特定商取引法(虚偽・誇大広告)に基づき、通信販売に関する広告や契約締結業務を3か月間停止するよう命じた。



 同社は10年間にわたって20~30歳代の女性を中心に豊胸効果をうたったジェルや錠剤などを販売、昨年は3億1000万円を売り上げていた。



 同省消費経済対策課によると、虚偽・誇大広告とされたのは、同社が昨年11月~今年9月、インターネット上に掲載した化粧品「ナパイアブレスト」の広告。同社の前原和夫社長が有名タレントとの対談で、「植物成分がバストに働きかけてくれます」などと話し、この化粧品でバストアップに成功したとする女性10人の体験談を載せていた。



 オーグ社は、同課に対し「タイの研究者が豊胸効果を示し、海外の著名な学術誌にも発表された」などと説明したが、実際には効果は実証されておらず、学術誌掲載の事実もなかった。



 同社では「商品には自信を持っているが、指摘は真摯(しんし)に受け止め、購入者には広告に不適切な表現があったことを説明したい」としている。



(2007年11月6日20時39分 読売新聞)







裁かれた豊胸材―全米を吹き荒れたPL訴訟の実態





裁かれた豊胸材―全米を吹き荒れたPL訴訟の実態