ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

茶髪で生まれたら普通じゃないから黒く染めろ、という教育現場のハラスメントが、ついに裁判になった

茶髪で生まれたら普通じゃないから、黒く染めろ、というハラスメントが、ついに裁判になりました。

合理的根拠がない、人権侵害の校則ですから、いつかこういう時はくる、と思ってました。

なんとしても勝訴して欲しい裁判です。

---

 

毎日新聞

地毛茶髪、黒染め強要 高3提訴 心身に傷、不登校に 修学旅行、締め出し 大阪の府立高

 頭髪が生まれつき茶色いのに、学校から黒く染めるよう強要され精神的苦痛を受けたとして、大阪府羽曳野市の府立懐風館(かいふうかん)高校3年の女子生徒(18)が約220万円の損害賠償を府に求める訴えを大阪地裁に起こした。27日に第1回口頭弁論があり、府側は請求棄却を求めた。生徒は昨年9月から不登校になっており、「指導の名の下に行われたいじめだ」と訴えている。【遠藤浩二

 

 

 

www.buzzfeed.com

 

「保護者やクラスメイトの前で、担任の先生から教室の前に呼び出され、髪色の注意を受けました。母は『私の父がアメリカ人なので娘は4分の1、つまりクォーターです。生まれつきの髪色です』と説明しました」

「すると担任の先生に、『どこの血が入っていようが、なに人であろうが関係ない。これは市の決まり。普通は黒髪で生まれてくる。髪を染めてもらわなければ学校に来ては困る』と言われたんです」

 

海外メディアも報道してます。注目度高いニュースですね。

 

www.huffingtonpost.jp

 

国際問題になって欲しいニュースです。BBCにはこの問題で日本の教育現場に取材にきてほしい。期待しています。

www.theguardian.com

 

 校則を批判的に検証した書籍はあまり多くないようです。これは、意外な発見でした。

 

校則はいらない―親・子・教師で創った理想の公立中学校

校則はいらない―親・子・教師で創った理想の公立中学校

 
校則裁判

校則裁判

 
「校則」の研究―だれのための生徒心得か

「校則」の研究―だれのための生徒心得か

 
学校の生活指導・保護者の心得帳―裁判事例から考えるいじめ・体罰・校則違反

学校の生活指導・保護者の心得帳―裁判事例から考えるいじめ・体罰・校則違反

 
丸刈り校則たった一人の反乱

丸刈り校則たった一人の反乱