ユニークフェイス・石井政之blog

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

深町秋生「ドッグメーカー」読了

忙しくて,かなり疲れていたときに、書店で手に取って衝動買い。良書でした。

深町氏の著作は、女刑事の八神シリーズをほぼ読んでいます。読みやすい。キャラが立っている。今回は、内容をまったく見ないで買いました。

警察のなかの人事である監察官が主人公なので、地味な展開の心理劇かと思いきや、暴力団、暗殺者、腐敗した警察官、元公安、などの濃厚な人間たちが、それぞれの出身の方言で、それぞれの役割を演じきって、ぐいぐい読ませてくれました。

読了後、疲れがふっとんでました。

心の健康のためには、良質なハードボイルド小説を読むことに尽きます。

主人公は死なないという結論も良かった。

 

ドッグ・メーカー: 警視庁人事一課監察係 黒滝誠治 (新潮文庫)