自分の顔をつくろうblog

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

『猫に知られるなかれ』(深町秋生)は、国産スパイ小説として面白い

深町秋生先生の、『猫に知られるなかれ』は、国産スパ小説として楽しめた。

戦後の混乱期に、復員兵たちが、どうやって生きのびたのか。

その息づかいを、フィクションの形で表現できている。

これまで深町先生の警察小説はかなり読んできたけれども、

警察官という役所が舞台だと、そんな警察官いないよな、と思いながら読むときもあった。

しかし「戦後の混乱期」という舞台だと、話しは別。

なんでもあり、という混乱期から安定期に移っていく、

という間隙に、ドラマが立ち上がる、というのは納得できる。

食糧不足で栄養失調が普通の時代状況のなかで、

筋骨隆々であるということは、

豊富な資金を握った人間たちとコネクションがある、という描写は、面白かった。