ユニークフェイス・石井政之blog

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

敗戦の日に ユニークフェイスの立場で考えてみる

 第二次世界大戦において、戦闘行為や、絨毯爆撃の被害によって、
顔などの外見に、熱傷、傷跡、などを受けた、
ユニークフェイス当事者になってしまった人が多数、出現しました。
このような戦争によるユニークフェイス当事者は、戦争がなければ、
出現しなかった。
政府は、先の戦争の後遺症の障害者、ユニークフェイス当事者に対して、
ほとんど何もしてきませんでした。
戦争の動きについては、警戒していく、というのが、
ユニークフェイス当事者としては大事だろうと思います。
先天的なユニークフェイス当事者は、一定の確率で生まれます。
これは自然現象なので、いいも悪いもないです。
生まれるわけだから、それを受け止めて育てていく。
しかし、戦争による後天的なユニークフェイス当事者は、
短期間で集中的に出現してしまいます。
戦争が始まってしまえば、生命の危機を救う医療が最優先されて
外見のケアや治療は、あとまわしになり、贅沢だ、と言われかねません。
当事者の声が封じ込められる可能性が高い。
8月という戦争を考える時期になると、
後天的なユニークフェイス当事者が一気に増えたことを思い出します。
その人たちは、戦後、その外見故に差別されて、
自分らしい人生を送ることを断念した可能性が高い。
8月15日、そんなことを考えました。

 

 

www.businessinsider.jp

長崎に生きる―“原爆乙女”渡辺千恵子の歩み

長崎に生きる―“原爆乙女”渡辺千恵子の歩み

 
ヒロコ生きて愛―原爆乙女の戦後50年

ヒロコ生きて愛―原爆乙女の戦後50年