ishiimasa's blog

石井政之  ライター。ユニークフェイス研究所

2007年夏、東大自主ゼミでのユニークフェイス活動報告。

いま当事者活動を始めてみたい、と考えている当事者に、
過去の経験を伝えるためにアーカイブを提供します。
時代がまったく違うので、参考になるかどうかはわかりません。
スマホ普及などの情報環境は違っても、当事者が考えていることは、そんなに変わらないと思いますし、
当事者が当事者のための組織をつくる困難さ、やりがいにも共通点は見つかるのではないか、と思ってます。
----

東大の自主ゼミの第1回は、「『私』を生きる、という困難を超えるために」と題して、顔にアザのあるジャーナリストとして有名な石井政之さんをゲスト講師に招きました。(今一生)

第5回 ユニークフェイス①東大の自主ゼミの第1回は、「『私』を生きる、という困難を超えるために」と題して、顔にアザのあるジャーナリストとして有名な石www.zkaiblog.com
第6回 ユニークフェイス②石井さんの講義には、事前に「ユニークフェイスとは」というレジュメが配られました。そのダイジェスト版をお知らせします(以下、www.zkaiblog.com
第7回 ユニークフェイス③第7回 ユニークフェイス③ 顔にちょっとした傷があるだけでも周囲の目が気になってしまうのが、人情というものでしょう。 生まwww.zkaiblog.com
第8回 ユニークフェイス④第8回 ユニークフェイス④石井「NPOでお金を持っているのは障害者団体に多いんです。 親が自分の預金を取り崩して、自分が死www.zkaiblog.com
第9回 ユニークフェイス⑤第9回 ユニークフェイス⑤「顔に問題ない人でも、ユニークフェイスのお茶会に行っていいんですか?」「その判断は微妙。 ユニーwww.zkaiblog.com
第10回 ユニークフェイス⑥第10回 ユニークフェイス⑥ ユニークフェイスについて話を重ねていくと、「いざユニークフェイスの人に会ったら」という場面をwww.zkaiblog.com