石井政之の作業場

作家、編集者、ユニークフェイス研究、「ユニークフェイス生活史」プロジェクト、ユニークフェイス・オンライン相談、横浜で月1飲み会 連絡先 uniqueface@gmail.com

新型コロナウイルスによる肺炎で、考えること

疫病が流行すると、社会がどういうふうに、該当者を差別するか、排除するか、が気になる。
感染症、疫病が流行すると、差別や排除の動きがでてくる。
公衆衛生上の問題なので、該当者の隔離は必要な措置になるときがある。

しかし、その隔離が、過剰な意味をもつようになって、市民のなかに、差別と排除が渦巻いて、該当者が社会的に死ぬことがある。
それが歴史の教訓。
今回は、どうなるのだろうか。