石井政之の作業場

作家、編集者、ユニークフェイス研究、「ユニークフェイス生活史」プロジェクト、ユニークフェイス・オンライン相談、横浜で月1飲み会 連絡先 uniqueface@gmail.com

顔にアザのある都知事、小池百合子の真実---虚無の人はサバイバルできるのか?

『女帝 小池百合子』(石井妙子著 文藝春秋)

日本中のすべてのユニークフェイス当事者に読んでほしい、傑作ノンフィクションだ。
東京都知事、小池百合子には、顔の右頬にアザがある。
ユニークフェイス当事者である。
私は、小池には関心がなかった。
ある作家から、小池の顔にアザがあるという話しは聞いていたが、とくに気にしていなかった。
ところが、本書を読んで驚いた。アザは小池の人格形成に大きな影響を与えていた。
その容姿コンプレックスを起爆剤にして、生きている人だった。
孤独とコンプレックスのなかで、ひとなみ外れた上昇志向をもつようになったようだ。
キャリアアップとサバイバルのため、さまざまな人間を利用し、裏切り、嘘をついてきた。
本書は小池の真実をあますことなく調査して、書き込んでいる。
これは一読にあたいする希有な人生である。

小池百合子は、アザのある素顔でつきあえる友人・親族がいなかったから、孤独の中で、自分を見下してきた人間に対する復讐のために生きる、ということを決めたのかもしれない。
同時に、外見を装うことで、この社会を生き抜ける、ということも学んだのだろう。
複雑な自己イメージの人だ。
私は、ながくユニークフェイス問題にかかわって、さまざまな当事者と会ってきたが、小池のように政治の世界に生きる人間には会ったことがない。

小池は、メイクアップでアザを隠し続け、そのことをメディアにほとんど語ることなく、公共の電波で仕事をしてきた。その度胸と覚悟は瞠目に値する。

嘘をつきながらも生き抜いていく。素顔を隠し、作り笑いをして、周囲の信頼を勝ちとる。

困っている市民がいて陳情に来ても、自分に得をするときだけ利用して、利用価値がないと切り捨てていく。
テレビカメラという外部の目がないとき、傲慢な政治家として、人々を見下していく。
社会からの目がないときに、小池は女帝として振る舞うのだ。なんと小さい人間だろう。

私は、本書を読んで、小池を虚無の人だと思った。
注目を浴びることで著名性を武器にサバイバルする。そして自分を見下した、人生の邪魔をした、と見做した人間に、きっちり復讐をして、とどめをさしていく。
誰かのために生きることはしない。自分のサバイバルのために全力をつくす。

笑顔の下にある小池の本当の姿を、おおくの人は、知ることなく、突然、裏切られている。

こんなユニークフェイス当事者が、現代社会に生きていたのか、という驚きの連続の読書体験だった。

いま学歴詐称で、小池の政治生命が危機に陥っている。学歴詐称は、公職選挙法違反であり、へたをすると失職する可能性がある。

都知事選のなかで、小池が何を言うのか、何を言わないのか。

同じアザのある当事者として、小池の一挙手一投足に注目している。

『女帝 小池百合子』石井妙子 | 単行本誰にも知られたくなかった素顔 稀代の女性政治家か、我々が生んだ虚像か。「芦屋令嬢」育ち、謎多きカイロ時代。キャスターから権books.bunshun.jp 

 

彼女はいったい何者なのかー。『女帝 小池百合子』 - HONZこの2ヶ月間、彼女を見かけない日があっただろうか。テレビや新聞やネットで私たちは毎日のように彼女の姿を目にし、彼女が語る言honz.jp 
都知事選、小池百合子氏は「学歴詐称疑惑」を“強行突破”できるか(郷原信郎) - Yahoo!ニュース「女帝 小池百合子」という存在の原点が「カイロ大学卒業」といえる。小池氏は、何らかの理由で再選出馬を断念するか、それとも立news.yahoo.co.jp