ishiiblog

ユニークフェイス・イシイマサユキの雑記帳

地震を機会に、過密都市から、中くらいの大きさの街への脱出移住のススメ

6月18日 午前8時頃、大阪を震源とする地震発生。
こういう都市型の大地震が起きると,改めて思うことを書きます。

この地震を機会に、すこしでも過密都市から脱出・移住する人が増えることを願っています。
そこそこの都会、そこそこ田舎の中規模都市への移住者がもっと増えること、
それが災害に強い生活基盤作りになると思います。

私にとっては、それは豊橋でした。
私は生まれも育ちも名古屋なのですが、結婚して居を構えることを考えると,
名古屋は大都会過ぎる、と考えました。移住先の選択肢には入れませんでした。
結婚して移住したのは浜松市静岡県)、その次は豊橋市(愛知県)。
二つともかなり大きな街です。しかし田舎だと思われてます。
私は、豊橋を「中くらいの街」「そこそこ都会・そこそこ田舎」と言うようにしてます。

人口は約38万人。
新幹線の停車駅があり,高速道路のインターがあり、複数の大学がある。
東京や名古屋に出やすい利便性。
地元の農産物が豊富。港があって貿易が盛んである。工場も多い。
待機児童ゼロ。
市電がある。
海山川海が近くて自然環境が豊か。

東海道にあるので歴史的に重要や役割を果たしている街。

東京・名古屋・大阪などの過密都市の近くには、豊橋と似たような「中くらいの大きさの街」があります。
地震の活動期にはいった日本列島でサバイバルするために,

脱出・移住をお勧めします。

 

児童虐待対策のキャンペーンに賛同しました

児童虐待対策のキャンペーンに賛同しました。

ネットを通じてカジュアルに賛同できるのは便利でいいですね。

 

www.change.org

 

 

日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?

日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?

 

 

ナチス宣伝相の秘書が語る、私には責任はない,という言葉

気になった記事なのでメモ。

www.huffingtonpost.jp

幸福とは、他者の不幸から目を塞ぐことで成立する、というようなことを、作家の中村文則が書いていたと思う。この映画の主人公は、それを体現していたのかもしれない。
この人物の発言は、体制を変えることはできない、という思い込みのなかにいる普通の日本人の思考を知る上で、非常に参考になる。
秘書という記録を生業にしていた人間のなかにある,悪とは何か、ということでも考えさせられる。
秘書とは傍観者なのか?

 

一般の人は政治に関心が無い、とくに独裁や虐殺という事象には興味が無い。しかし、その渦中にいることは歴史が証明している。

 

ゲッベルスと私──ナチ宣伝相秘書の独白

ゲッベルスと私──ナチ宣伝相秘書の独白