ishiimasa's blog

ユニークフェイス石井政之の雑記帳---- memo of Unique Face ishiimasa, man with facial difference

虚偽DVは無い、と言う専門家は・・・

「虚偽DVは無い」と言う専門家は、「交通事故は無い」という警察官のようなものだ。

 

「虚偽DVは無い」と言う専門家は、

「虚偽DVはあってはならない」という独自の信仰を告白しているのであって、事実を語っているわけではない。

 

「虚偽DVは無い」と言う専門家は、

虚偽DVがあると困ってしまう社会的立場にある人であって、それは大人の事情だよね、という話だ。

しかし、虚偽DVを口実に誘拐(拉致・連れ去り)された子どもの立場にたつと、無慈悲な人権侵害である。



カウンセラーのように、クライアントとの共感が仕事になっている専門家は、真実よりもクライアントの語りを信じる。それがミッションであり、職業倫理の生命線だから。

したがって、その専門家が「虚偽DVがない」と言うとき、それは顧客サービスを語っているのであって、真実とは違う。

memo <共同親権について賛成・推進>情報整理

随時更新中  2021-2-23

 

共同親権について賛成・推進の意見をもっている人を中心にまとめました。

重要な記事、SNSなどの備忘録です

 

適宜更新していきます。

 

 

 

Twitterアカウント

 

弁護士

RK (@koga_r) | Twitter

作花知志 (@sakkacom) | Twitter

弁護士杉山程彦5東慶應三丁目 (@SUGIYAMA766) | Twitter

滝本太郎 (@takitaro2) | Twitter

 

市民

共同親権運動の人 (@Knet9n) | Twitter

ISHII Masa (@ishiimsyk) | Twitter

田中俊英 (@tanakatosihide) | Twitter

 

group

共同親権研究会

共同親権研究会・川崎

共同親権研究会・西東京

共同親権研究会 大阪

 

共同親権プロジェクト

子育て改革のための共同親権プロジェクト

 

親子ネット

親子の面会交流を実現する全国ネットワーク - 親子ネット

 

裁判関係

 共同親権運動・国家賠償請求訴訟を進める会

そうだったのか!共同親権 | 共同親権運動・国家賠償請求訴訟を進める会

 

作花共同親権訴訟 離婚後単独親権違憲訴訟

離婚後に子が両親と時間を過ごせるように | 作花共同親権訴訟

 

 opinon

 土井浩之・弁護士

共同親権制度が生まれることで何か子どものために効果があるとすれば何か 家族分断法体系は温存されるのか:弁護士の机の上:SSブログ

 

弁護士作花知志のブログ

 

弁護士古賀礼子|note

 

BOOK

実子誘拐 - 「子供の連れ去り問題」――日本は世界から拉致大国と呼ばれている - (ワニプラス)

子どもを連れて、逃げました。

日米親権法の比較研究 (関西学院大学研究叢書)

子育て改革のための共同親権プロジェクト 基本政策提言書: 2021年民法改正★男女平等の子育ての幕開け 〜親子生き別れ!? ひとり親の貧困!? 家庭から社会を変革しよう〜

子育ては別れたあとも -改定版・子どもに会いたい親のためのハンドブック

記事

Newsweek日本版

日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい対日決議はなぜ起きたか | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

AERA

【実録】「子の連れ去り」をめぐる夫婦それぞれの言い分 <夫編> (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

【実録】「子の連れ去り」をめぐる夫婦それぞれの言い分 <妻編> (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

 

 

TV talk

法務省も研究会立ち上げへ!離婚後の親権制度、日本ではどうあるべき?単独親権派と共同親権派が討論 【ABEMA TIMES】

 

発言者

赤石千衣子(NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」理事長)
古賀礼子(弁護士)
川井ヒロチタ(「結の会」副代表)
柴山昌彦自民党衆議院議員・共同養育支援法全国連絡会幹事長)
千田有紀武蔵大学社会学部教授)
堀潤(ジャーナリスト)
パックン(お笑い芸人)
平石直之テレビ朝日アナウンサー)

 

 

ishiimasa.hateblo.jp

 

 

 

 

滝本太郎氏と木村草太氏が、共同親権について対談する企画記事を読みたい

Twitterの記録から

 

共同親権に反対する人間の「論理になっていない主張」。この主張のパターンについては、滝本太郎先生が整理されている。勉強になる。この固着した思考がいつどのように形成されて強化されたのか、そこが今後の関心事だ。どこかで学んだはずなので。

 

 

 

弁護士の滝本太郎氏と、憲法学者の木村草太氏が、共同親権について対談する、という企画をどこかのメデイアで実現して欲しい。木村草太氏は、Twitter共同親権について反対の意見をつぶやいているだけではなく、異論を持つ有識者と向き合ってみたらどうか。

 

 

sky.ap.teacup.com

 

木村草太さま。あなたはいつから、共同親権に反対する運動家になったのでしょうか。その動機になった人間、事件について教えてください。

 

 

 「少年ジャンプ」で育った人間なので、共同親権について賛成と反対の論客が、5対5の言論対決をして欲しい。

実現したらそれだけで書籍になる。意欲的な編集者で実現して欲しい。

 

 自分の意見はつぶやくが、異論のある人と議論はしない。これでは言論人とはいえないと思う。

 

共同親権につよく反対をしている人たちは、異論のある人との議論を避けている傾向を感じる。これを証明する方法はある。編集者が、中立な立場から、対談企画をつくって提案することである。10人に提案して10人とも企画を拒否したら、異論のある人との議論を避けているな、と証明が出来る。
 
異議あり!「奇跡の詩人」

異議あり!「奇跡の詩人」

 

 

憲法学者の思考法

憲法学者の思考法

  • 作者:木村草太
  • 発売日: 2021/02/05
  • メディア: 単行本