ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

ユニークフェイスは個性?? 根詰めて考えちゃいけないんです。

 作家・朝井リョウ氏のインタビューがすごく良かった。

 

https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/ryo-asai

 

ユニークフェイス当事者として引きつけて読んでみると、

ユニークフェイスは個性なのか、という議論につながるような気がする。

僕はユニークフェイスをひとつの個性として位置づけて生きている一人。

そういう流れで人生が動き出したので、それに従っているだけ。

僕よりも若い当事者のなかには、その容貌を個性として使いこなせていない人がいることは知っている。

無理はしないほうがいい。

ユニークフェイスを個性として位置づけて生きる、というのは、まだ特殊な経験だから。

特殊な経験は劇薬。

劇薬は使い方を間違えると、心身に不調が出てくる。
ユニークフェイスは個性だと考えるときに、そんなしんどい個性なんか必要なし、という視点はとても大切。人間理解のためのひとつのキーワードくらいの感覚でよいと思う。

そうはいっても、当事者は自分のことを他者に説明しないといけない局面が出てくるし、それは避けられなかったりする。

そういうときに必要な道具は言葉。

ビジュアルイメージだけで、自分という人間を理解されることはしんどい。

それ以外の人間理解のための選択肢としては言葉だ。

だから僕はユニークフェイスという言葉を使って,こうしてblogを書いているしユニークフェイス交流会という場所で,言葉のやりとりを展開している。

ユニークフェイスという言葉がどれくらいの可能性があるのか、という実験。

ユニークフェイスという言葉や、ユニークフェイスという生き方が

『素晴らしい個性』の必須条件だろうか?? 

ユニークフェイスという言葉は、なんの保障もしない、いうことは明らかだ。

たぶん、自分の意味とか仕事の価値とかって、根詰めて考えちゃいけないんですよね。

 たぶん、ユニークフェイス当事者である自分の意味とか、ユニークフェイス活動という仕事の価値とかって、根詰めて考えちゃいけないんです。

 

 

 

------

 

最後まで読んでいただき感謝します。読者登録よろしくお願いします。

 

twitter 石井政之(@ishiimsyk) | Twitter

blog   http://ishiimasa.hateblo.jp/

ユニークフェイス研究所  https://uniqueface.amebaownd.com/

note    ishiimasa|note

 

問い合わせ先

CONTACT | ユニークフェイス研究所

uniqueface(@)gmail.com

中高生向けの、ユニークフェイス当事者の講演会 【中高生限定!】ミタメトーク!~見た目の悩み、どう向き合う?~

宣伝協力

【中高生限定!】ミタメトーク!~見た目の悩み、どう向き合う?~

という講演会が開催されます。

 

1999年にユニークフェイス当事者運動をスタートさせて20年。

十代の若者に伝える,というアクション,じつはほとんどやっていないんですね。

理由は,難しいから。

日本の十代の若者が,政治活動や市民活動に参加するのは、事実上タブー。

NPO活動に参加することは,タブーとはいわないまでも,同じようにハードルが高い。

日本は、英米のように,子どもの時から個人主義を尊ぶ社会ではありません。

キリスト教のような宗教教育もないので,慈善活動も遠く感じる社会。

 

今回の企画は,日本社会のなかで,かなりチャレンジだと思います。

 

ユニークフェイス当事者の、いま,を知りたいという中高生は,是非、参加してみて下さい。

 

 

que.digital.asahi.com

------

 

最後まで読んでいただき感謝します。読者登録よろしくお願いします。

 

twitter 石井政之(@ishiimsyk) | Twitter

blog   http://ishiimasa.hateblo.jp/

ユニークフェイス研究所  https://uniqueface.amebaownd.com/

note    ishiimasa|note

 

問い合わせ先

CONTACT | ユニークフェイス研究所

uniqueface(@)gmail.com

アルバイト経験とユニークフェイス

ユニークフェイス当事者と仕事の関係について,思いついたので書いておきます。

ユニークフェイス当事者が就職で苦労しているという現実はあります。
一般的には確かにそうなんですが,
ひとりひとりの当事者にとって事情は違います。

続きを読む