ishiimasa's blog

ユニークフェイス石井政之の雑記帳---- memo of Unique Face ishiimasa, man with facial difference

履歴書から顔写真をなくすべし、というキャンペーンが始まりました

若いユニークフェイス当事者たちが頑張っているので、高齢者のひとりとして協力してます。

 

note.com

www.change.org

個人的には、この顔をぐいっと押し出して、就職・転職してきました。

若いユニークフェイス当事者には、あまり参考にならない生き方をしてきたように思います。

 

【告知】ユニークトーク+共同親権研究会・西東京 合同勉強会 2020-11-27

共同親権研究会・西東京が主催する、合同勉強会が企画されましたのでお知らせいたします。

主旨説明、日程などの詳細は、以下のリンク↓↓ 

kswesttokyo.hatenablog.com

 

最近、共同親権について、さまざまな立場の当事者、支援者、などのアクションが増えてきました。それにともなって報道も増えています。

まさに、現代は、単独親権から共同親権に移行する過渡期だと、認識を新たにしています。

親権について共に学んでいきたいと思います。

さまざまな立場からの参加をお待ちしています。

ishiimasa.hateblo.jp

 

 

「暗殺者グレイマン」シリーズ 

以前、北欧のハードボイルド小説「ミレニアム」シリーズを全巻読んだことがあります。

面白かったけれども、かなり時間をとられました。
連作小説を読む気力は湧かないのではないか、という気がしていましたが、最近は、「暗殺者グレイマン」シリーズを読んでいます。
川崎の書店で、海外ミステリーで面白そうなモノはないか、と棚を眺めていたら、このシリーズ小説が目にとまった。

書評家北上次郎氏が、高くと評価していたのも選書したきっかけのひとつ。
ストーリーはシンプル。
超人的な能力をもつ特殊工作員が、世界各国の圧殺舞台と対峙して、すべてに勝利して、救うべき人間を救う、という結末。敵だと認識すると迷うことなく相手を殺傷していく。

私が面白いと思ったポイントは、「たった一人で、大組織の暗殺チームに勝利する」。その方法論やマインドが、小説の形式を借りて、書かれていること。
エンタメなので、そんなにうまくいくわけがないだろう、という展開があるものの、ひとりで全戦全勝、というフィクションはたしかに面白い。

最初は紙の本で読んでましたが、3作目からはKindle。ちょっとした細切れの時間で読書をするにはKindleは便利だと再認識。

 

暗殺者グレイマン

暗殺者グレイマン

 

 

 

暗殺者の正義

暗殺者の正義

 

  

暗殺者の鎮魂 (ハヤカワ文庫NV)

暗殺者の鎮魂 (ハヤカワ文庫NV)

 

  

暗殺者の復讐 (ハヤカワ文庫NV)

暗殺者の復讐 (ハヤカワ文庫NV)

 

 

theriver.jp

ishiimasa.hateblo.jp