ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

ユニークフェイス

アイビス (川崎市 日進町)

久しぶりのオフ。『どもる身体』(伊藤亜紗著)を読みながら珈琲。 すてきな空間で飲む珈琲の味は格別。 kawasaki.keizai.biz 8月か9月に、ここでユニークフェイス交流会を開催しようと思います。詳細が決まったら告知します。 ------ 最後まで読んでい…

神奈川新聞で、ユニークフェイス交流会について記事が出ました

神奈川新聞で,ユニークフェイス交流会 4月21日 について記事が出ましたのでお知らせします。 神奈川県では初めての交流会の開催になります。 www.kanaloco.jp 交流会の詳細は、こちら↓ にリンクをはりました。 uniqueface.amebaownd.com 興味をもった、…

『原爆』(石井光太 著)は、原爆の焼け野原を、被爆当事者たちが復興した、超弩級のノンフィクションである

僕は、石井光太氏はノンフィクションの書き手として、天才のひとり、と思っている。原爆についての記録や小説は無数に発行されているので、いまさら,と感じていた。その、いまさら、という題材に、石井光太氏が取り組んだ著作である。 1945年8月6日に…

ユニークフェイスは個性?? 根詰めて考えちゃいけないんです。

作家・朝井リョウ氏のインタビューがすごく良かった。 https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/ryo-asai ユニークフェイス当事者として引きつけて読んでみると、 ユニークフェイスは個性なのか、という議論につながるような気がする。 僕はユニークフェイス…

中高生向けの、ユニークフェイス当事者の講演会 【中高生限定!】ミタメトーク!~見た目の悩み、どう向き合う?~

宣伝協力 【中高生限定!】ミタメトーク!~見た目の悩み、どう向き合う?~ という講演会が開催されます。 1999年にユニークフェイス当事者運動をスタートさせて20年。 十代の若者に伝える,というアクション,じつはほとんどやっていないんですね。 理由は…

アルバイト経験とユニークフェイス

ユニークフェイス当事者と仕事の関係について,思いついたので書いておきます。 ユニークフェイス当事者が就職で苦労しているという現実はあります。一般的には確かにそうなんですが,ひとりひとりの当事者にとって事情は違います。

ユニークフェイスは人間について考えるキッカケのひとつ

NHKのニュースで,電車のなかで急患が出たときに,周囲に助けを求めたけれども、誰も動いてくれなかった,という記事が出ていました。 News Up 緊急時 あなたはボタンを押せますか? | NHKニュース (いちおうリンクは張っておきますが,数週間したら、記事は…

2019-2-17 ユニークフェイス交流会 報告

2019-2-17 ユニークフェイス交流会 報告 会場 豊橋市内のカフェ 参加者 2名(主宰者 除く) 大学生1名 専門職1名。 まずはじめに、なぜユニークフェイスをつくったのか? という質問。 それに回答しながらいつもの雑談モードで,質問・疑問に答えていきまし…

自撮りのススメ。ユニークフェイス当事者は、自分の容貌の特徴を知ってほしい

スマホが普及したことで、大きな変化が起きたとしたら,自撮りをする人が増えたことだと思う。 僕の世代は、フィルムで撮影して現像する,というスタイルでカメラを使っていた。 だから自撮りは,フィルムの無駄遣いだったし、それをする人は芸術写真を志向…

ユニークフェイス・カメラマンになる--ユニークフェイス専門の写真撮影を進めていくよ

ユニークフェイス当事者を専門に撮影することに決めた。 手持ちの装備がいまひとつだけど、まー、気にせずに進めていこう。 20代のとき、顔にアザや傷をもつ当事者取材を進めていたとき アイデアノートをつくっていた。 そのノートは今も捨てずに残ってい…

書評 『マンガでわかる 円形脱毛症になったら読む本』は、マンガによる当事者ノンフィクションの傑作

書評 円形脱毛症になったら読む本 小豆だるま著 合同出版 近年、外見にハンディキャップのある人についての著作が増えている。 見た目問題、容貌障害、ユニークフェイス、その当事者を呼ぶ名称はさまざまだ。 本書は,円形脱毛症,いわゆる「ハゲ」であるこ…

2019-1-20 ユニークフェイス交流会 報告

参加者4名(主宰者 除く) 当事者1名専門職・メディア関係 3名 浜松(静岡県)の交流会だったため,参加者のうち2名が地元の人でした。 いつものように、とくにテーマ設定なし。雑談形式で進行。 当事者から、その症状ゆえに,まわりから凝視されて不快な経…

twitter 質問箱にて、さまざまな質問に回答してます。

twitterの質問箱という、仕組みをつかって、匿名の人からの質問に回答しています。 個別にメールで回答をしても、また同じような質問がほかの人からくる可能性があるため、ネットでの公開回答をすることにしました。 便利そうなので、試してみます。 質問は…

ユニークフェイス当事者は,日本社会の取扱説明書としてノンフィクションを読んでほしい

いろいろな当事者から,質問を受けて、回答しながら対話する。それがユニークフェイス交流会。 短い時間でサクサク答えて,対話するように心がけています。 回答するときのネタは、3つあります。 ひとつは自分の体験。 二つ目は,ほかの当事者の体験。 三つ…

成人したユニークフェイス当事者の若者へ

ユニークフェイスという特徴をもった当事者の成人のみなさん。成人、おめでとうございます。 この日本社会で,よくぞ20歳までサバイバルできました。いかに素晴らしいことか、僕は知っています。 このブログを読んでいるあなたは、孤独ではありません。理…

川崎のシェアハウスMAZARIBAに宣伝文を書きました

mazariba.jp 石井 政之作家・ユニークフェイス研究所代表ユニークフェイス当事者にとって、まわりに理解者がいるところで生活するメリットは大きい。このシェアハウスには、マイノリティに理解のある人が暮らしている。孤独にならず、理解者と適度な距離があ…

ステイ、ハングリー!! ステイ、ユニークフェイス!! ユニークフェイス当事者は自由に生きることができる

ユニークフェイス当事者は自由に生きることができる 2018年は、ユニークフェイス当事者の支援活動の再開という大きなアクションを始めた年になりました。 いろいろなアクションをしていきますが、目的は一つ。 ユニークフェイス当事者が自由に幸福に生き…

カフェをユニークフェイス交流会の会場にしている理由

ユニークフェイス交流会の会場は、カフェにしています。 その理由を説明します。

 7人の先輩ユニークフェイス当事者に会いに行く、という提案

7人の先輩当事者に会いに行くという提案 僕がいま20代のユニークフェイス当事者だったら、 7人の当事者の先輩と会いに行き、 ひとりあたり2時間のインタビューをして、自分の人生の選択の参考にする。 ひとりだけだと,その人の意見に影響されすぎてしまう。…

当面の間,当事者限定の集まりは予定していません

ユニークフェイス研究所では,当面の間,当事者限定の集まりは予定していません 以下のブログを読んだ,古い友人から 「ユニークフェイスって,当事者参加限定じゃないんですね。関心があれば誰でも参加できるんですね。知りませんでした」 というコメントを…

ユニークフェイス当事者の、差別に遭遇したときの対処能力の個人差について

ユニークフェイス当事者には、個人差があります。とくに、差別に遭遇したときどうやって対処するか。この個人差が大きい。

2018-12-16  ユニークフェイス交流会 報告

2018-12-16 ユニークフェイス交流会 報告 参加者4名(主宰者 除く) 当事者1名専門職・メディア関係 3名 人数は少なめですが,これくらいの数が地方都市の交流会としては適正規模だと思いました。 とくにテーマ設定をしていませんから,雑談形式で話しが進…

日記のすすめ --- ユニークフェイス当事者は日記を書こう!!

ユニークフェイス当事者の人たちにやってほしいことの一つ。 それは日記を書くこと。 いいことも,わるいことも。 毎日でも、気の向いたときでも。 なんでもいいから、「日記」という形式で,あとでまとめて読み返せるように書いてほしい。 かぞれきれないほ…

ユニークフェイス当事者のblog紹介 yumikos-uniqueface’s blog

血管腫のユニークフェイス当事者 yumikoさんが,はてなブログを立ち上げましたので紹介します。 yumikos-uniqueface.hatenablog.com 当事者として, できることを、できる範囲で進めていく、 というのがとても大切だと思います。 相談相手や情報の発信源は,…

「ユニークフェイス当事者の困難の原因は,皮膚の表面ではなく,外側にある」

とても刺激的な記事がありましたので,ユニークフェイス当事者・関係者向けに紹介します。 障害者当事者の視点です。 「障害は皮膚の内側ではなく,外側にある」 ユニークフェイス当事者の視点で書けば 「ユニークフェイス当事者の困難の原因は,皮膚の表面…

ユニークフェイス交流会(2018-11-25)の報告

ユニークフェイス交流会の報告 参加者 8名(主宰者 石井除く) 愛知県内から5名関西から2名メディア関係者 1名

withnewsで、ユニークフェイスの記事「顔の差別で人は死ぬ」が配信されました。

ユニークフェイスに関する記事が配信されましたので,お知らせします。 これまでさまざまなメディアの取材を受けてきましたが,今回の記事がもっとも辛口かもしれません。 じっくり時間をかけて取材をされた、岩井記者(朝日新聞)に感謝です。

女性史研究のパイオニアで、ノンフィクション作家の山崎朋子さんが逝去

日本における女性史研究の草分け、山崎朋子さんが亡くなられた、というニュースが流れてきました。 「サンダカン八番娼館」の山崎朋子さん死去 - 産経ニュース ノンフィクション作家の山崎朋子さん(やまざき・ともこ))が10月31日、糖尿病のため死去。…

写真家・宮本直孝さんによるユニークフェイス 写真展企画がたちあがりました。

写真家・宮本直孝さんによるユニークフェイス写真展企画がたちあがりました。 企画の詳細については友人の今一生さんのブログのリンクを参照してください。 con-isshow.blogspot.com ファッション写真の分野で第一線で活躍されている写真家によるプロジェク…

賃貸物件の契約で,顔(ユニークフェイス)を理由に,入居拒否されたという事例を集めています。

さきの朝日新聞記事の反響で,こんな質問がありました。 ある不動産関係者から、 顔を理由に、入居拒否される当事者っているんでしょうか? という質問です。 私は,これまで十数回、転居してきましたが、 顔を理由に入居拒否されたことはありません。 これ…