石井政之の作業場

作家、編集者、ユニークフェイス研究、「ユニークフェイス生活史」プロジェクト、ユニークフェイス・オンライン相談、横浜で月1飲み会 連絡先 uniqueface@gmail.com

2020-07-01から1ヶ月間の記事一覧

JIN JINでナポリタン

新宿に行くと必ず立ち寄るのが、紀伊國屋書店と、その地下にあるJIN JINだ。 ナポリタンが美味。久しぶりに堪能しました。 tabelog.com

田中俊英氏の論考 【女は嘘をつかないのか? 「虚偽DV」の背景】 がYahoo!から削除された

田中俊英氏(ドーナツトーク代表、共同親権研究会・大阪代表)がYahoo!に書いた記事が、掲載したその日に、削除された。ファクトチェックが不足しているから、というのが理由らしい。田中氏は、すぐに同じ記事を、個人blogにアップ。そのリンクをここに紹介…

ユニークフェイスと鎖国

さまざまな局面で、日本は鎖国なのだ、と気づくことがある。 ユニークフェイス問題がそうだった。 海外では名前だし顔だしのセルフヘルプグループがあった。日本にはなかった。 だから、私は名前だし、顔出しが、できる当事者を中心にしたセルフヘルプグルー…

【共同親権】20200723 共同親権で何が変わる何を変える

7月23日、共同親権についてのイベント報告の動画が配信されました。 私は、道路渋滞のために大幅に遅刻して約9割を聞き漏らしましたので、この動画配信はありがたい。関係者に感謝いたします。 --- 共同親権運動総会・討論会「共同親権で何が変わる、…

災害に備えるために物資を買い込んでます

今年は私の住んでいる地域にも、災害がやってくるだろう、と予想して、物資を買い込んでいます。 どんなものを買っているか,自分自身の整理のために書いてみます。 ①アウトドア用品(好日山荘で購入)トレッキングシューズ、登山用ザック。趣味と、実益(災…

信州の旅にて

7月23日と24日。日帰りで信州へ。 共同親権の勉強と、古い友人と再会するために。 往路は、輸入車に同乗させてもらい、渋滞のなか移動。 勉強会を終えて、友人宅へ電車移動。 話題は川崎、信州、東京都知事選挙、コロナ危機、東京五輪中止など尽きるこ…

鹿肉(バラ)を調理する

鹿肉のバラを調理しました。バラとは、あばら骨についた肉。3本の肋骨と、そのまわりの肉。458グラム。 30センチくらいの長さのアバラだったので、すこし大きめの寸胴で塩ゆで。 ナイフで、骨を切り分ける。塩と日本酒をまぜた水で茹でる。灰汁が出て…

鹿肉(ウデ肉)を調理する

小豆島から通販で購入した鹿肉を調理しました。 冷凍パック。ヤマトのクール宅急便で到着。 鹿のウデ肉。378グラム。 塩と日本酒で血抜きして、下ごしらえ。 テキトーな大きさに切り分ける。 ニンニク、オリーブ油、日本酒で炒める。 このまま食べる。残…

【共同親権】「子供の拉致国家」の汚名返上を---公開の議論が必要

EU決議の影響で、社会的に影響力のある人からの発言が出てきました。 共同親権研究会としては目が離せない。 専門家同士で公開での議論を期待しています。 実子誘拐・拉致に関わっている弁護士も、実子誘拐問題について発言して欲しい。公開の議論にも参加し…

「昭和フェミニズム」8つの行動パターン---共同親権に反対する情熱を記述する

「昭和フェミニズム」の行動ポリシーについて整理してみた。 これまでの観察でわかってきた、共同親権に反対する熱い情熱持った人たちの行動パターンをまとめてみた。 以下の8つの特徴がある。 男性にたいする憎悪・嫌悪・不信をもとにした発言 共同親権を拒…

れいわ新選組の大西つねき氏の「命の選別」発言について

れいわ新選組の大西つねき氏の「命の選別」発言が話題になっている。 優生思想を容認する発言である。 私は、優生思想について障害学などから学習してきた。この学びがなかったら私も優生思想の発想になっていた可能性がある。(私のなかにある優生思想の芽に…

【実子拉致問題】茂木外務大臣の会見 2020-7-17

茂木外務大臣の会見が公開されていた。 EUの批判決議に対して、対応できるのかどうか。疑問に感じる。 茂木外務大臣は、EUからの批判についてあまり関心がないという印象。EU側としては、日本政府の動きに期待できない、という考えに傾くかもしれない。 法務…

単独親権制度のなかでの実子拉致と離婚訴訟のリアル

単独親権制度の離婚訴訟の事例として、実子拉致にいたる経緯がわかる秀逸な記事だ。弁護士がつくと妻側は強気になっていく。離婚訴訟の戦略が垣間見えて興味深い。 gendai.ismedia.jp 弁護士に相談→子どもの身柄を確保する(実子拉致)→全財産をもとめる離婚…

EUの決議に対して誠意あるTwitter発言をしている政治家

EUの決議に対して誠意ある発言をしている政治家のtweetを紹介。 随時更新していきます。 子どもの連れ去り行為が相当数あると指摘をした上で「子どもへの重大な虐待」と強い危機感と懸念が示されており、日本として速やかに対応すべき。世界の中で日本…

【実子拉致問題】茂木外務大臣会見記録から

外務大臣の会見を読む限り、さきの大鷹氏の見解を踏まえた内容になっている。 日本国内外で発生している実子拉致(実子誘拐)問題にたいするEUの日本政府批判は、大きな外交問題に発展すると考えるけれども、茂木外務大臣から緊張感が伝わってこない。 www.m…

「丸刈りで謝罪」という儀式は、なくしたほうがよい日本社会の風習のひとつ

丸刈りでは謝罪のしるしにはならない。という真っ当なことを、当事者の研究者が指摘しないといけないのが日本社会の独自性。丸刈りで謝罪、という儀式は、なくしたほうがよい日本社会の風習のひとつ。 「丸刈り=反省」パフォーマンスなのか 見た目問題追う…

EUの実子拉致に関する決議について、外務省の会見記録。

興味深い。外務省は本気でコメントしているのか。抗議をしている演技なのか。 これだけでは分からない。 追記 2020-7-12 仮説1 実子拉致についてEUの関係者と会ってきたのは、森法務大臣(そして法務省の官僚)だから、外務省は責任はない、という霞ヶ関のな…

「親による実子誘拐(実子拉致)」の禁止を要請 欧州議会が対日決議

日本の国内外で問題になっている実子拉致(実子誘拐 子どもの連れ去り)について、EUが日本政府に対して正式に禁止を要請しました。 単独親権の制度のなかで、子どもを拉致された、実子拉致被害者にとって、 この決議は大きな意味をもつことでしょう。日本政…

小池百合子氏の当選について

都知事選は小池百合子氏が圧勝しました。 予想どおりの大勝。 いつもどおりの選挙だったと思います。 そもそも選挙になったら、必ず自民党・公明党(政権与党の候補)に投票する、組織票でしか投票しない、という人たちは多い。それから、現状維持という、短…

差別の言語化は簡単ではない

差別は構造的なものなのだけど、幸運な人、恵まれた環境の人は、差別されないことがある。 そういう人たちは、差別なんてない、大げさ、と反応する。 差別される人の大半は、意気消沈しているので、言葉を出さない。 差別されていると言わない。差別されてい…

小豆島の鹿肉を注文しました。

以前はイノシシ肉でしたが、今回は鹿肉を注文しました。 shodoshimamomonji.stores.jp www.pirameko-life.com blog.fore-ma.com ---- ishiimasa.hateblo.jp ishiimasa.hateblo.jp

偽造した情報をもとに弁護士が活動することがある、と20代で学んだ。

20代、医療問題の専門雑誌で編集記者をしていたとき、医療過誤訴訟の現実を知った。当時は、医療過誤の証拠隠滅のために、医療機関がカルテを改竄(かいざん)改ざんすることはありふれていた。このねつ造したカルテが、医療機関を提訴する患者(死亡した患…

テキトーにつくる玄米朝食

50代になるとダイエットが気になります。 ダイエットに成功した、失敗した、こういう方法がある、その方法ではダメだ、という話題になりがち。 最近も、減量がうまくいかない、という友人がいたので、玄米がよいと思う、とアドバイスしてしまいました。 お節…

【東京都知事選挙】世代交代の旗手として期待。山本太郎氏を応援します。

東京都知事候補、れいわ新選組の山本太郎氏を応援します。 【東京都知事候補 山本太郎 ソーシャルディスタンス 最終街宣!~総額15兆円で東京を沈ませない~】7/4(土)18:30 新宿駅南口ゲストスピーカー:舩後靖彦参議院議員・木村英子参議院議員注意事項を…

日刊ゲンダイにて、私の近況が紹介されました

友人のライター・編集者、石塚さんによる取材記事が、日刊ゲンダイにてアップされましたので紹介いたします。 タクシーは人手不足で好機 川崎に魅了された作家のケース|○○が好きすぎて副業になっちゃいました 今回取材したのは作家の石井政之さん(54歳)…

実子拉致に関与する弁護士にたいする批判が可視化される

ドーナツトークの田中俊英氏(共同親権研究会の発起人のひとり)による最新記事がヤフーから配信された。 増えすぎた弁護士~離婚時の「子ども拉致」の源泉? news.yahoo.co.jp 田中氏の指摘に同感。 弁護士の経済事情に目を向ける必要があります。養育費のピ…