ishiimasa's blog

石井政之  ライター。ユニークフェイス研究所

差別の言語化は簡単ではない

差別は構造的なものなのだけど、幸運な人、恵まれた環境の人は、差別されないことがある。
そういう人たちは、差別なんてない、大げさ、と反応する。
差別される人の大半は、意気消沈しているので、言葉を出さない。
差別されていると言わない。差別されている状況を理解できないことがある。
差別が、あるのかないのか曖昧になって、差別は続く。
差別の言語化は簡単ではない。
どうしたら金儲けできるか、どうしたら幸福な人生になるのか、どうしたらラクして生きていけるか、を説明するのと同じくらいの難易度がある。