ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

新橋の赤札屋で飲んだ

赤札屋 新橋店 関連ランキング:居酒屋 | 新橋駅、内幸町駅、汐留駅 烏森神社の周辺にはしぶい居酒屋が多い。また行きたい。 料理の写真は取り忘れた。話すのに集中して、夢中になっていた。 ------ 最後まで読んでいただき感謝します。読者登録よろし…

渋谷

約10年ぶりの渋谷。 外国人観光客が多い。スクランブル交差点は,外国人観光客がスマホをかざして撮影していて、雑踏のなかで、スマホをもった手が突き出ていた。 奇妙な熱気のある街。

神奈川新聞で、ユニークフェイス交流会について記事が出ました

神奈川新聞で,ユニークフェイス交流会 4月21日 について記事が出ましたのでお知らせします。 神奈川県では初めての交流会の開催になります。 www.kanaloco.jp 交流会の詳細は、こちら↓ にリンクをはりました。 uniqueface.amebaownd.com 興味をもった、…

川崎のアジア交流音楽祭・アジアンフェスタ

川崎駅にて。音楽が聞こえてきたので,すこしだけ道草。 音楽も料理もレベルが高い。 道はマイノリティの熱気で溢れていました。 ------ 最後まで読んでいただき感謝します。読者登録よろしくお願いします。 twitter 石井政之(@ishiimsyk) | Twitter b…

銀座の風景

久しぶりに銀座をブラブラ。 外国人観光客が増えていること、新しいビジネスの看板広告が増えていることに,時代の変化を感じました。 つねに変わる銀座。 ------ 最後まで読んでいただき感謝します。読者登録よろしくお願いします。 twitter 石井政之…

4月からnoteでも記事を書きます

4月からnoteでもブログ記事を書いていきます。 note.mu はてなブログは使い慣れていて、不満はありません。 気になるブロガーさんが,noteをメインにしているので、 実験的に書いてみることにしました。 有料記事と無料記事とのメリハリをつけて、 記事をア…

『原爆』(石井光太 著)は、原爆の焼け野原を、被爆当事者たちが復興した、超弩級のノンフィクションである

僕は、石井光太氏はノンフィクションの書き手として、天才のひとり、と思っている。原爆についての記録や小説は無数に発行されているので、いまさら,と感じていた。その、いまさら、という題材に、石井光太氏が取り組んだ著作である。 1945年8月6日に…

テキトーな禁酒をやめて、少し飲んでみたら・・・ただ眠いだけだった

先日、テキトーに禁酒したので,テキトーな気持ちで, すこしアルコールを飲んでみたら、 みるみるうちに,脳みその機能が低下していくのを実感してしまった。 端的に言うと、眠くなりますね。 やはり、アルコール摂取はやめよう、と改めて思った次第。 次は…

ユニークフェイスは個性?? 根詰めて考えちゃいけないんです。

作家・朝井リョウ氏のインタビューがすごく良かった。 https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/ryo-asai ユニークフェイス当事者として引きつけて読んでみると、 ユニークフェイスは個性なのか、という議論につながるような気がする。 僕はユニークフェイス…

中高生向けの、ユニークフェイス当事者の講演会 【中高生限定!】ミタメトーク!~見た目の悩み、どう向き合う?~

宣伝協力 【中高生限定!】ミタメトーク!~見た目の悩み、どう向き合う?~ という講演会が開催されます。 1999年にユニークフェイス当事者運動をスタートさせて20年。 十代の若者に伝える,というアクション,じつはほとんどやっていないんですね。 理由は…

アルバイト経験とユニークフェイス

ユニークフェイス当事者と仕事の関係について,思いついたので書いておきます。 ユニークフェイス当事者が就職で苦労しているという現実はあります。一般的には確かにそうなんですが,ひとりひとりの当事者にとって事情は違います。

飲酒をやめることにしました

3月から飲酒をやめることにしました。 この10年ほど,ほとんど飲酒らしい飲酒、つまり深酒をしていません。 自動車がないと生活できない地方に住んでいると,必然的に,つきあいの飲酒がなくなってました。 飲酒運転で警察のお世話になったら,運転免許取り…

ユニークフェイスは人間について考えるキッカケのひとつ

NHKのニュースで,電車のなかで急患が出たときに,周囲に助けを求めたけれども、誰も動いてくれなかった,という記事が出ていました。 News Up 緊急時 あなたはボタンを押せますか? | NHKニュース (いちおうリンクは張っておきますが,数週間したら、記事は…

2019-2-17 ユニークフェイス交流会 報告

2019-2-17 ユニークフェイス交流会 報告 会場 豊橋市内のカフェ 参加者 2名(主宰者 除く) 大学生1名 専門職1名。 まずはじめに、なぜユニークフェイスをつくったのか? という質問。 それに回答しながらいつもの雑談モードで,質問・疑問に答えていきまし…

親の職業的価値観が、子どもに継承されていく

最近,気づいたことの最大の収穫は、親の職業的立場が,子どもの職業的価値観に大きな影響を与える、ということ。わかりやすくいうと, 親が自営業だと子どもは自営業的なマインドになる。親が従業員だと、子どもも従業員マインドになる。そういう傾向がある…

自撮りのススメ。ユニークフェイス当事者は、自分の容貌の特徴を知ってほしい

スマホが普及したことで、大きな変化が起きたとしたら,自撮りをする人が増えたことだと思う。 僕の世代は、フィルムで撮影して現像する,というスタイルでカメラを使っていた。 だから自撮りは,フィルムの無駄遣いだったし、それをする人は芸術写真を志向…

ユニークフェイス・カメラマンになる--ユニークフェイス専門の写真撮影を進めていくよ

ユニークフェイス当事者を専門に撮影することに決めた。 手持ちの装備がいまひとつだけど、まー、気にせずに進めていこう。 20代のとき、顔にアザや傷をもつ当事者取材を進めていたとき アイデアノートをつくっていた。 そのノートは今も捨てずに残ってい…

書評 『マンガでわかる 円形脱毛症になったら読む本』は、マンガによる当事者ノンフィクションの傑作

書評 円形脱毛症になったら読む本 小豆だるま著 合同出版 近年、外見にハンディキャップのある人についての著作が増えている。 見た目問題、容貌障害、ユニークフェイス、その当事者を呼ぶ名称はさまざまだ。 本書は,円形脱毛症,いわゆる「ハゲ」であるこ…

2019-1-20 ユニークフェイス交流会 報告

参加者4名(主宰者 除く) 当事者1名専門職・メディア関係 3名 浜松(静岡県)の交流会だったため,参加者のうち2名が地元の人でした。 いつものように、とくにテーマ設定なし。雑談形式で進行。 当事者から、その症状ゆえに,まわりから凝視されて不快な経…

twitter 質問箱にて、さまざまな質問に回答してます。

twitterの質問箱という、仕組みをつかって、匿名の人からの質問に回答しています。 個別にメールで回答をしても、また同じような質問がほかの人からくる可能性があるため、ネットでの公開回答をすることにしました。 便利そうなので、試してみます。 質問は…

ユニークフェイス当事者は,日本社会の取扱説明書としてノンフィクションを読んでほしい

いろいろな当事者から,質問を受けて、回答しながら対話する。それがユニークフェイス交流会。 短い時間でサクサク答えて,対話するように心がけています。 回答するときのネタは、3つあります。 ひとつは自分の体験。 二つ目は,ほかの当事者の体験。 三つ…

成人したユニークフェイス当事者の若者へ

ユニークフェイスという特徴をもった当事者の成人のみなさん。成人、おめでとうございます。 この日本社会で,よくぞ20歳までサバイバルできました。いかに素晴らしいことか、僕は知っています。 このブログを読んでいるあなたは、孤独ではありません。理…

川崎のシェアハウスMAZARIBAに宣伝文を書きました

mazariba.jp 石井 政之作家・ユニークフェイス研究所代表ユニークフェイス当事者にとって、まわりに理解者がいるところで生活するメリットは大きい。このシェアハウスには、マイノリティに理解のある人が暮らしている。孤独にならず、理解者と適度な距離があ…

浜松で、さわやかハンバーグ(静岡のローカルチェーンとして最高人気のハンバーグ屋)を家族で楽しむ

静岡県内のローカルハンバーグチェーン。さわやか、にて家族で食事。 牛肉だけでできたハンバーグ。さすがのおいしさ。 1時間待ちの価値があります。 アルバイトが不足していたようで,店内はてんやわんや。 外食産業の人手不足を感じながら食事。 子どもた…

隻眼の戦場ジャーナリスト Marie Colvin の伝記映画 A private war の日本公開を期待してます

正月はテレビよりもネットを見ていた。そういう人は多いはず。 気になった情報のひとつは、 A private war というアメリカ映画だった。 ひとりの戦場ジャーナリスト Marie Colvin の伝記映画である。 戦場取材で被弾して、左目をなくして、そこにアイパッチ…

田舎という言葉についてMEMO

田舎という言葉の意味があいまいなので、地方都市暮らしをしている人間としては田舎についての記事を読むとモヤモヤしてしまう 「田舎」にもいろいろある。もっと言葉を整理するとよい。 たとえば、 首都(東京)首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)政令指定都市…

田舎とは何だろう 移住を決める前に考えておきたいこと

面白い記事をみつけた。 「田舎の長男」との結婚に絶望した彼女の告白 | 離婚のリアル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 東京の女性が、田舎の農家の青年と婚約して、婚約破棄して人生をやりなおすという記事。 すごくリアルでよい記事だった。 (…

能率手帳 小型版 (ロングセラーの安心感)を買いました

元旦に、手帳を買いました。 能率手帳(ノルティ)の小型版。

BOOK 「子どもたちの階級闘争」は,貧困者は戦うべし、という政治思想を教えてくれる

地べたの貧困というのは日本国内にもあってノンフィクションの良書も多い。混沌の中で生き抜く貧困当事者の活力と,それを見殺しにする政策の描写が秀逸だった。貧困と政治、というのはきっても切り離せないけれども,日本では切り離して議論して貧困者を批…

2019年のユニークフェイス活動の予定・予感

あけましておめでとうございます。 今年のユニークフェイスの予定MEMO 毎月1度のユニークフェイス交流会の開催 愛知県内、静岡県西部を中心に。 東京や名古屋などの大都市でも開催します。 専門家・専門職との連携作り 交流会とは別に,専門家だけの会…