石井政之の作業場

作家、編集者、ユニークフェイス研究、「ユニークフェイス生活史」プロジェクト、ユニークフェイス・オンライン相談、横浜で月1飲み会 連絡先 uniqueface@gmail.com

タクシードライバーのインタビューをしたい

タクシードライバー人生の聞き書き。

これも以前からやってみたい、と思っていたテーマのひとつ。

 

令和元年5月1日にタクシードライバーになった。

次の5月で丸5年になる。

会社は3つ経験した。横浜、東京、京都。いまは横浜。

 

仕事にも慣れてきた。

点呼、出庫、乗務、休憩、帰庫、洗車、納金、退社。

というルーティンが身についてきた。

そうなると、ほかのタクシードライバーと雑談をする時間がなくなっていく。

おなじ会社の人間と話す必要がない。

社内の人間関係の煩わしさがない、それがタクシードライバーという職業の魅力のひとつだ。

タクシードライバーは、ひとりではたらく自営業的な側面があり、それがストレスのない職場環境になっている。

だから、人間関係が希薄なのは、まったく問題はない。

 

自分自身のタクシードライバー体験をもとに、小説を書いたりしているので、

タクシードライバーという職業、その仕事をしている人たちの人生については興味がある。

 

ishiimasa.hateblo.jp

 

 

なぜタクシードライバーになったのか。

なぜその会社を選んだのか。

家族の理解はどうなのか。

どういう時間に、どの街を流し営業しているのか。

タクシードライバーをやってよかった、と思ったことは何か。

もう辞めたい、と思った瞬間はあったのか。それはどういう状況だったのか。

 

そんなことを、横浜の酒場で、ひたすら雑談してみたい。

気が合ったら、個別にインタビューをさせてもらいたい。

匿名か実名かは、話し合って決める。

インタビューした内容は、本人に原稿確認してもらってから、

このブログで公開して、有料コンテンツとして販売する。

金が欲しい、というよりも、貴重なインタビューを全文無料公開はしたくない。

 

インタビュー担当

石井政之(現役のタクシードライバー、作家)

 

申込方法 

 X(旧Twitter) のDM

https://twitter.com/ishiimsyk

 または、メールアドレス uniqueface@gmail.com

 

申込のときは、

 

氏名

所属タクシー会社 

または、個人タクシー開業

現役、引退した元職

 

など

を明記してください。

プライバシーは守ります。

 

以上