ユニークフェイス BLOG

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

プチ引越










 NPO法人ユニークフェイスとして、都内に事務所を構えることになる(いま、契約について最終調整中なんですが、



まず契約できるでしょう)ため、引越の準備を少しずつ始めなければならない。そのまえに自室をなんとかしなければならない。



進行中の案件の資料をまとめなおさねば、と。



 28日、国際医療福祉大学公開講座で20分ほど話す。質問のレベルが高いので、「勉強にくる必要はないのではないか?」



と思いつつ壇上から、ユニークフェイス6年間の経験を語る。さいろ社時代から私の文章を読んでいたという人もいた。



そこまで知っていたら、ますます勉強にくる必要はないのではないか、と思ってしまった。(笑)



 講演を終えたあと、意外な人が、親指シフトユーザーであることを知って意気投合。それを傍で見ていた、若手研究者が、



親指シフトってなんですか?」と話しのみずをむけてくれたので、二人して親指シフト談義に。



 一度苦労して覚えた、キーボード入力方法から転向したい人はいない。でも、私は入力方法をローマ字から親指シフトに変更して1カ月後に、



肉体不平等を書き上げたので、そんなに苦労をしないと思う。変更になれるまでの2週間が大変なのですが、それを越えたら、



日本語を話すようにキーボード入力することができるようになる。



親指シフトについて



http://nicola.sunicom.co.jp/



 「肉体不平等」が「大分大学教育福祉科学部推薦入学試験問題・人間福祉科学課程 社会福祉コース」の入試問題(小論文)



に採用されたという情報が入る。この入試問題を本にするというので、転載許可を出したのだが、ほう、



悪文でも入試問題になるのかと、しばし物思いにふける。



入試問題はこうである。



問題 次の文章を読んで、後の問いに答えなさい。



(肉体不平等182から183ページの文章)






「肉体不平等社会」という筆者の見方をふまえて、人間の存在価値とは何か、あなたの考えを800字以内(句読点を含む)で記述しなさい。





 800字ですよ。800字! ブログみたいな文字数で入試は行われているのだなぁ、とびっくり。