ユニークフェイス・石井政之blog

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

「極夜」と「サバイバル!」 極限状態で何を感じるか?

風邪気味の息子につきあって、終日、紙をつかった、からくり細工

アルミ棒を切断したり、曲げ加工したりして、かなり凝っている。

本人は、ここしばらく,からくり細工に夢中になっている。

 

私は息子のとなりで、隙間時間を利用して、アマチュア無線1級の勉強。

新しい知識の獲得はやはり楽しい。

 

冒険家 角幡 唯介さんが出演したNHK「極夜」を昨日観ました。
極限状態の冒険を終えて、漆黒の夜から、太陽を浴びたとき、出産して世界に出ていく人間のもっとも古い記憶を思い起こさせられた、というような発言があった。

極限状態で感じたことは、母胎からの誕生だった、という発言は面白いと思った。

NHKドキュメンタリー - ETV特集「極夜 記憶の彼方へ~角幡唯介の旅~」

 

 

極夜行

極夜行

 

 

 

たまたま図書館から借りていた「サバイバル!」をざっと読んで、同じように極限状態に身を置いた服部文祥さんの感性についても、面白く読む。

 

 

 登山、冒険についてのノンフィクションも読んでいこう。

これまであまり手を出していない分野だ。