ユニークフェイス・石井政之blog

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

地方で本を買うということ








浜松市に移住して半年。書籍購入のパターンが出来てきたので整理。



80%をアマゾン
10%をイオン・ジャスコ内の書店(広大な面積の駐車場があり、食材を購入するときのついでの書店に寄れる)
10%を浜松から新幹線で移動するときに立ち寄る駅前書店



支払い方法は、ポイントがつく、クレジットカード決済。



よって、再販制が撤廃されなくても、事実上の割引の恩恵を受けることができてます。



東京在住時代は、書店での購入が約50%だったのでかなりの変化だと感じます。



読み終わった書籍は、仕事場のひとに提供するか、ブックオフに売却。できるだけ蔵書をしない(勝間和代さんのノウハウから学習)



柳美里ユニークフェイス関連書籍は別扱いで所蔵しています[E:spade])



これからは、再読に値する書籍を「紀伊國屋書店 書評空間」で紹介して、自分の記憶からは消去して、次のことを考えていくようにしていきたいですね(小飼弾さんのノウハウから学びました)。





http://www.assoc-amazon.jp/s/ads.js