ユニークフェイス・石井政之blog

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

かな入力を試してみる

ポメラの最新型DM30に,親指シフトが搭載されていない、というのが分かって

ついに親指シフトに理解のあるメーカーも,この入力方法のユーザーを

気にしない流れになった,と思いました。

親指シフトユーザーはもともと少ない。

これをきっかけに,かな入力をマスターすればいいんじゃないか。

ここ数日、かな入力を試している。

20年近く親指シフト入力をしているので、

指と脳は親指シフトに最適化されています。

必要に迫られてローマ字入力をすることもありますが,

そのときは数分で疲れてしまうほど。指も脳も。

もうローマ字入力には戻れない体になったと言える。

ただ,日本語キーボードに刻印された,ひらがな表記があり,

それを使わないのはもったいない、そんな気がして

試しにe-typeという入力練習サービスを使って

1日10分程度,練習している。

気分転換としての、かな入力の練習,という感じ。

運指の範囲が広く、これは日本語入力として普及しないのは分かってきました。

ただ、直接,日本語で考えて,日本語で入力する,という脳の仕組みには忠実なので,

ローマ字入力のような,脳内言語変換のストレスはないのはよい。

 

www.kingjim.co.jp