ishiimasa's blog

ユニークフェイス石井政之の雑記帳 memo of ishiimasa, man with facial difference

アルバイト経験とユニークフェイス

ユニークフェイス当事者と仕事の関係について,思いついたので書いておきます。

ユニークフェイス当事者が就職で苦労しているという現実はあります。
一般的には確かにそうなんですが,
ひとりひとりの当事者にとって事情は違います。

 


正社員雇用について言えば,
外見による差別はまだ根強く残っているけど
アルバイトではどうなのだろうか。

自分自身のアルバイトを振り返ってみた。

高校生
 名古屋駅の弁当販売会社で下働き。
大学時代
 朝日新聞の新聞配達。
フリーター時代 
 魚市場で下働き。
 三菱自動車ランクルの部品溶接。
 冷凍コンテナの製造工場で組立作業
 舞台芸術の裏方(大道具の設置)
 印刷会社で下働き。
 大手花屋チェーン店で冷凍倉庫管理担当
 弁護士事務所にて法律専門ニュース誌の編集
 外食チェーンの店舗でホール担当。

印刷会社のアルバイトで,コピーライターや打合せの経験をさせてもらって、そのままフリーランスの物書きとして独立。25歳頃です。

ユニークフェイスを理由にした差別されたという経験はありません。

ユニークフェイス活動家として,当事者への差別がある,と積極的に発言していますが僕個人は、差別されたという経験がほとんどありません。


ユニークフェイス交流会で、アルバイトをテーマに開催してみようと思います。
自分の希望の職種で,正社員雇用,となると、ユニークフェイス当事者に限らずどんな人でもハードルが高いチャレンジ。
アルバイト経験についてなら,共通の話題として使えるような気がします。

 

アルバイトが面白いな、と思うのは,嫌になったら辞めれば良い。

もちもん責任はあるけれども、その作業をする、その1日だけの責任。

それが,1日区切りで続く。

だから気楽。

アルバイトをするときは,おもしろい友人や仲間とやっていた。そういう友人からの誘いで始めたバイトばかり。だからアルバイト中の雑談が楽しかった。

アルバイトについては、よい思い出ばかり。

 

アルバイトをいくつか経験して、楽しいなと思える現場や業界で,正社員雇用を目指すか,自営業で独立するというのは,ひとつの選択肢として堅実だと思う。

 

その業界特有の空気,人間の気質を知っておくのはすごく重要。

僕は言葉をつかって仕事をする業界が好き。

だからメディア業界とか,営業職は好き。

 

いくつかアルバイトを経験することで、自分の向き不向きは見えてくる。

 

身体を動かすの好き。足で稼ぐとか,歩き回るとか,いいですね。

いまも、ちょっとした距離なら,自動車ではなくて、歩きか自転車で移動してるし。

 

追記

 以前,文筆業について書籍を編集したことがありました。文筆業はおもしろい仕事なので,興味のある人はチャレンジして欲しい。

 

 ------

 

最後まで読んでいただき感謝します。読者登録よろしくお願いします。

 

twitter 石井政之(@ishiimsyk) | Twitter

blog   http://ishiimasa.hateblo.jp/

ユニークフェイス研究所  https://uniqueface.amebaownd.com/

note    ishiimasa|note

 

問い合わせ先

CONTACT | ユニークフェイス研究所

uniqueface(@)gmail.com