ishiiblog

ユニークフェイス・イシイマサユキの雑記帳

ユニークフェイス 新年挨拶

ユニークフェイス当事者、そして、ご家族、そのまわりで当事者と家族を支えている皆様へ

 

 あけましておめでとうございます。
 1999年に自伝的ノンフィクション作品「顔面漂流記」を上梓し、同時に、ユニークフェイスについてのアクションを立ち上げて、今年で丸20年になりました。
 私は、10年前に結婚と同時に、地方に移住し、ユニークフェイス活動の第一線から一歩置いて「普通の生活」を送ってきましたので、20年間フルに動いたわけではありません。
 しかし、この10年をみただけでも、少なくない当事者(その多くが私と面識がない人たち)が、書籍を発行したり、メディアに登場することで、社会にインパクトを与えてきた、ということを確認してきました。
 大学生などの若い世代が、ユニークフェイスを研究テーマとしてとりあげ、論文を書いていることも見てきました。そのいくつかを読むことができ、それは楽しい体験となりました。
 ユニークフェイスについての社会的な関心がゼロだった、20年前のことを思い出すと、夢のような現実ができている、と思っています。
 ですが、情報量はまだ不足している。
 より多くの人が、ユニークフェイスな人達の人生に関心をもっていただくよう、心から願っています。

 私は、私のできることを微力ではありますが、実行していきます。
 今年もよろしくお願いいたします。