石井政之の作業場

作家、編集者、ユニークフェイス研究、「ユニークフェイス生活史」プロジェクト、ユニークフェイス・オンライン相談、横浜で月1飲み会 連絡先 uniqueface@gmail.com

隔日勤務、インドカレー、ブコウスキー、スロージョギング

タクシードライバーの隔日勤務は、20時間連続の仕事だ。

1回の仕事で2日分の労働をする。翌日は終日、休みになる。

これは間違いなく健康に良くない。

しかし、24時間眠らない街である、首都圏のタクシー事業ではスタンダードの働き方。

過労から身を守る自衛策はある。

 

こまめに睡眠を取る。

アルコールはできるだけ飲まない。

健康な食事。

毎日の運動習慣。

 

健康管理に失敗して、突然死、過労うつ、睡眠障害、生活習慣病などになる人は少なくない。とりあえず、睡眠時間をしっかり確保。

 

終業後、7時間睡眠。起床。外出して、郵便局で郵便物の受け取り。図書館にいって書籍返却と借り出し。図書館カード。借りた書籍はブコウスキー。版元の新宿書房は廃業している。名著を出していたのだ。

 

ブランチを食べるためにぶらぶら歩く。

CoCo壱番屋の裏にある、インドカレー屋が安くて美味かった。野菜サラダ、カレー、ナン、ホットコーヒー付きで780円。CoCo壱番屋を卒業するときが来たようだ。

家族連れ客、ひとり客、カップル客が混在していて、幅広い人気を感じた。これは良い店を見つけた。

 

3時間ほど睡眠。

その後、85分、スロージョギング。横浜の夜景を楽しみながら走った。

とりたてて何もしない平凡な休日だった。