ishiimasa's blog

石井政之  ライター。ユニークフェイス研究所

第三級アマチュア無線技士の国家試験に合格

第三級アマチュア無線技士の国家試験に合格しました。

本日、合格通知が来ました。

8月8日に受験。3週間以内に合否の通知があると、受験案内にありましたが、わずか4日後に発表。これはありがたいです。

 

受験当日にもらえる、スコアシートで、「115点」という点数だけは分かっていました。

 

アマチュア無線 3級の試験は、150点満点。

合格ラインは100点。

ただし、無線工学と法規の2科目それぞれで基準点を超えないと不合格。

115点だと不合格の可能性がありました。

結果は合格。

2科目とも基準点は満たしていたようです。

よかった。

 

受験に使った書籍は2つ。

ひとつは参考書+問題集、もう一冊は過去問題集。

 

過去問を解きながら、コクヨのノートに記憶すべき事柄や計算式を書き込んで学習。

学習時間はトータルでだいたい20時間。

スキマ時間に、ゆるーく問題集をこなしていました。

それでも受験日前の2週間は、一日1時間以上、参考書と過去問を読んでいました。

ネットの情報によれば、本試験の問題は、過去問からほとんど出題されるので、まじめに学習すれば一発合格する。それを信じて、暗記ゲームとしてこなしていました。

とりあえず合格してホッとしてます。

アマチュア無線電話級(現在の4級)は中学生時代に取得済。

40年以上経って、3級にステップアップしたことになります。

なぜ、アマチュア無線3級を受験しようと思ったのか。

最近、記憶力の低下を感じるようになったので、自分の脳機能を確認したかったこと。

電信(モールス)をやってみたいので、3級が必要。

という軽いノリです。

手もとにあるアマチュア無線機で、ラジオを聴くようになって、

もうちょっとだけアマチュア無線の世界に踏み込んでみるか、と。

今回、アマチュア無線3級に合格して、テスト勉強をこなしていく感覚を思い出して、それが快感だったのは、新しい体験でした。

 

工業高校で電気科。大学で有機化学を専攻。

俺って理系の人間だったなあ。しばらく忘れていた理系感覚を思い出しました。