ユニークフェイス・石井政之blog

作家、ユニークフェイス研究・講演のイシイマサユキの雑記帳(日記、読書メモ、ユニークフェイス活動記録)

[]よく分からないアスコムの動き








アスコムについて
オーマイニュースが記事を出している。
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080222/21302



アスコムの動きがさっぱり分からない。エレベーターが当該の階に止まらない?
編集部が上層部に不満を持って、いっせいに何か行動を起こしたために業務が止まったのか?と勘ぐってしまう。
いずれ真相はあきらかになると思う(というか、東京の一部業界人は把握していると思うが、それが表に出るのに時間がかかる)が、アスコム規模の会社でも、倒産でもないのに事業停止をする事情があるのか、と考え込む。要するに無責任である、ということだ。



一連の出版不況、倒産が続くことをよい機会として、返本が4割を超えるという書籍ビジネスの限界、異常な紙の無駄遣いの実態が広く伝わるとよいと思う。昔から言われてきたことだが、出版社の倒産続出が明らかになったのだから、退職した元編集者が、その経営、労働の実態、二番煎じ商法などをしっかり書き残してほしい。



 



私がいま気になっている書籍は、城繁幸氏の新刊である。





http://www.assoc-amazon.jp/s/ads.js