石井政之の作業場

作家、編集者、ユニークフェイス研究、「ユニークフェイス生活史」プロジェクト、ユニークフェイス・オンライン相談、横浜で月1飲み会 連絡先 uniqueface@gmail.com

オンライン ミニシンポジウム 「フェミニズムとDVと共同親権」2022-4-5

f:id:ishiij:20220322183435j:plain

フェミニズムとDVと共同親権




オンライン ミニシンポジウム 「フェミニズムとDVと共同親権

を企画しました

 


開催主旨


今年2月に、共同養育議員連盟Twitter警察庁の発言として、


「同居からの連れ去りか別居からの連れ戻しかを問わず、正当な理由がない限り未成年者略取誘拐罪にあたると明言。これを現場に徹底する」


と書き込みをしてから、共同親権と実子誘拐(拉致)についての議論がSNSなどで湧き上がっています。

 

共同親権の議論をするときに、

共同親権に反対している側から必ず出てくるのがDVの取り扱いです。


その反対する側の主張をまとめると以下のようになります。


共同親権に反対の理由

 

DV加害者から逃げるために、子どもを連れて家を出たに過ぎない。

DVには、身体的暴力だけでなく、精神的暴力が含まれる

DVには客観的な証拠がないものがあり、その立証をしていたら、DV被害者は生命が危険にさらされる。

DV被害者は女性で、加害者は男性、という視点で、共同親権に反対する。


これに対して、共同親権が必要だという人たちからは以下の反論がある。


共同親権に賛成の理由

 

「世界中が共同親権を制度化している。日本でも導入可能」

「DV対策と、共同親権は別の議論。諸外国では、DV対策と共同親権は両方ともやっている」

「DV加害者は、男性にも女性にもいる。女性だけがDV被害者である、という主張は事実では無い」

「女性が、子どもの連れ去りの犠牲者になっている現実がある」

「子どもを連れ去る親には、DV加害者がいて、最悪の場合、子どもが虐待されたり、殺害されるケースがある。子どもを守るために共同親権が必要」

 例 ひとり親、シングルマザーによる無理心中(実子殺人)

「証拠の無いDVを無批判に承認すると、DV冤罪が発生する」

共同親権に反対している人たちには、フェミニズムに影響を受けた人が少なくない。フェミニズム運動が、共同親権の制度化を阻んでいる」

 

実子誘拐(拉致)が国際問題になって久しい。

結婚した夫婦の3組に1組が離婚する時代。離婚する人生はありふれています。

離婚したときに問題になるのが、子どもの養育をどうするか。

ほとんどの国では、離婚したときに、子どもの養育を、共同親権で対応する。それが世界標準。

日本は、この世界標準の共同親権が制度化されていない。

国民的な議論も起きていない。


その背景には、日本社会に実子誘拐(拉致)という現実が、伝わっていないことがあります。端的に言えば、日本のマスメディアは、共同親権と実子誘拐(拉致)について消極的な報道でした。

 

共同親権研究会関西(共同代表 石井政之田中俊英)は、上記の
議論のすれ違いを、日本社会の中で可視化する必要がある
と考えている。

 

話題提供


石井政之 ユニークフェイス研究所

田中俊英 一般社団法人 Officeドーナツトーク代表

 


開催日


2022年4月5日

午後8時から8時40分。休憩をはさんで、さらに40分間。

二部構成で進行します。

 


使用するツール

zoom

参加申し込みの人に、あとでリンクを送ります。

 

参加費

1000円

振込先は参加者に個別にメールします。

 

主催

共同親権研究会関西

 

申込方法。

石井政之 田中俊英SNSを通じて。

 

石井政之

https://twitter.com/ishiimsyk


田中俊英

https://twitter.com/tanakatosihide

 

以上

f:id:ishiij:20220322183435j:plain