ishiimasa blog

ユニークフェイス石井政之の雑記帳

[]「限界雑誌」が休刊となる





海難記から



読者数と、共同体の住民数を重ねた比喩が秀逸である。



過疎がすすみ共同体が崩壊した「限界集落」。



読者が離れ、編集者、執筆者、読者の共同体が崩壊した「限界雑誌」



http://d.hatena.ne.jp/solar/20081007#p1



出版状況クロニクル



http://www.ronso.co.jp/netcontents/chronicle/chronicle.html



そしてまたひとつ雑誌が消滅。



関西の情報誌エルマガジン12月発売で休刊



 関西の若者向け情報誌「Lmagazine(エルマガジン)」が12月発売の来年2月号を最後に休刊することが14日、分かった。発行元の京阪神エルマガジン社は、40歳前後の女性をターゲットに9月創刊した「Richer(リシェ)」に力を入れるためとしている。



 「Lmagazine」は1977年創刊。京阪神を中心に地域情報、映画・音楽・演劇情報を掲載し、「エルマガ」の愛称で親しまれた。同社によると、ここ数年の発行部数は約28万部で安定していたが、広告を集めるのが難しく、採算が取れなかったという。(共同)



[2008年10月14日17時42分]





雑誌を愛している人たちが口々に言っているように、雑誌というビジネスモデルが本当に崩壊しているのだ、と思います。



この雑誌崩壊が、昨今の金融危機による世界同時不況のなかで、どれくらい加速するのか、しないのか。