石井政之の作業場

作家、編集者、ユニークフェイス研究、「ユニークフェイス生活史」プロジェクト、ユニークフェイス・オンライン相談、横浜で月1飲み会 連絡先 uniqueface@gmail.com

自炊が面倒臭いので、工夫してみた

コロナ禍でもあり、自炊が普通になってきている。当然のことながら自炊は面倒臭い。最近やっている、手抜きの自炊のノウハウをまとめてみた。

 

パターン1

野菜サラダ+肉料理。

 

スーパーに行って、カット野菜の野菜サラダを購入する。これにドレッシングをかける。肉料理は、塩胡椒で味付けして終わり。またはお惣菜を買って終わり。

調理時間が数分で終わり。栄養バランスも、悪くは無い。

念のため野菜ジュースなどを飲む。

 

パターン2

野菜サラダ+パスタ

 

野菜サラダは上記と同じ。

パスタは、ゆで時間8分。パスタソースは既製品で済ませる。

 

米は、おにぎりにして、冷凍保存している。レンジでチンして、お茶漬けにして食べる。年々、米を食べる量が減ってきている。

 

朝食

熱い紅茶、ライ麦パンのトースト、ヨーグルト

数分で準備ができる。

トーストのかわりに冷凍ピザにすることもある。

 

会社で仕事中は、会社近くの韓国弁当屋で、野菜たっぷりの弁当を食べるようにしている。満腹になるまで食べない。小腹が空いたら、カロリーメイトと珈琲。それだけで済ませている。

 

体重はこの20年ほど変化無し。肥満になりかけると、ズボンのベルトがきつくなる。すぐに一食抜くか、ウォーキングの時間を増やす。それで体重はもとに戻る。